クラリネット



次のうち、プロコフィエフが
作曲した『ピーターと狼』で
猫を表現している楽器はどれ?
(画像選択肢)
1オーボエ
2クラリネット(答)
3ファゴット
4ピッコロ
34%

288yhTdQJoeTn
290OqIaGzCznx
291YaJGorllLj
この楽器は何?
オーボエ(答)
引用元:「チェレスタ」『くるみ割り人形』で有名に 「チェンバロ」ピアノの前身・クラブサン 「コントラバス」「バンドネオン」アコーディオンに似たタンゴの楽器 「オーボエ」上管にリード・下管にベル部分がある木管楽器 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/4181/

『ピーターと狼』(Петя и волк(ペーチャと狼))作品67は、セルゲイ・プロコフィエフが作曲した子供のための音楽作品で、このジャンルとしてはブリテンの「青少年のための管弦楽入門」と並ぶポピュラーな作品である。ナレーターと小編成のオーケストラのために書かれている。

1946年にはウォルト・ディズニー・カンパニーによってアニメーション映画化されている。

物語の内容
ピオネールの少年ピーターは、森の牧場に建つお祖父さんの家に住んでいた。ある日ピーターは牧場に駈け出していくが、その際庭の戸を閉め忘れてしまい、庭で飼っていたアヒルは外の池で泳ぎ始める。アヒルは小鳥と言い争いを始める(「飛べない鳥なんているのかい?」―「泳げない鳥なんているのかい?」)。そこにピーターのペットの猫が忍び寄っていくが、ピーターが声を掛けたために小鳥は木の上に、アヒルは池の中央に逃げおおせる。

お祖父さんが現れ、ピーターが一人で庭の外に出たことを叱る(「狼が森から出てきたらどうするんだ?」)。ピーターは「僕のような男の子は狼なんて怖くないんだ」と反論するが、お祖父さんはピーターを家に連れ戻し、戸を閉めてしまう。するとすぐに、「大きな、灰色の狼」が森から姿を現す。猫は素早く木の上に駆け上がって難を逃れる。それに対してアヒルは慌てて池を出て逃げるものの、狼に追いつかれ、飲み込まれてしまう。

ピーターはロープを持ち出すと、庭の塀を上って小鳥に話しかけ、「作戦」を伝える。果たして小鳥が狼の鼻先を飛び回って攪乱している中、ピーターがロープの結び目で狼の尻尾を捕える。狼は逃れようともがくが、ピーターがロープのもう一方を木に結びつけたために、結び目は締まっていく一方である。

そこに狼を追ってきた数人の狩人が銃を持って登場する(彼らの足取りは木管楽器による行進曲風の音楽で表わされる)。ピーターは彼らに手伝いを求めると、動物園へと勝利のパレードに出発する(この作品の初演はメーデーの祝典の際に行われている)。行列の先頭はピーターで、それに狼を引く狩人、猫、文句をこぼし続けるお祖父さん(「狼を捕まえられなかったらどうなってたと思うんだ?」)、小鳥が続く。

物語の最後、ナレーターは「耳をすましてみて下さい。アヒルが狼のお腹の中で鳴いているのが聞こえるでしょう。狼は慌てていたので、アヒルを生きたまま丸呑みしてしまったのです」と語って終わる。

物語の登場人物
物語の登場人物(動物)はそれぞれがオーケストラの特定の楽器によって受け持たれ、オーケストラの楽器紹介の趣もある。()内は楽器。

またそれぞれには固有の主題が割り当てられ、ライトモティーフ風に扱われている。

小鳥(フルート)
鶩(オーボエ)
猫(クラリネット)
お祖父さん(ファゴット)
狼(3本のフレンチホルン)
猟師の撃つ鉄砲(ティンパニやバスドラム)
引用元:ピーターと狼 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%A8%E7%8B%BC