あんどうひろし安藤尋



2006年に公開された映画
『僕は妹に恋をする』の監督
安藤尋
あんどうひろし(答)
26%

安藤 尋(あんどう ひろし、1965年6月13日- )は日本の映画監督。東京都出身。若者の生活を題材にした作品を多く手がける。

経歴
早稲田大学在学中より映画製作の現場に携わる。1989年頃より助監督として活動し、成人向け映画をへて1997年に「pierce LOVE&HATE」を監督したが、2002年まで劇場公開は果たせなかった。1999年のオリジナル作品『dead BEAT』が劇場公開映画デビュー作となる。2003年に魚喃キリコ原作の『blue』が公開された。

安藤の監督作は大友良英が音楽を担当し、村上淳が出演する作品が多い。
引用元:安藤尋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E8%97%A4%E5%B0%8B

見どころ:青木琴美の同名の大ヒットコミックを映画化したピュアな初恋物語。現実では決して結ばれることのない双子の兄妹の恋愛を、切なさを込めて描き出す。『東京タワー』の松本潤が悩める兄役にふんし、これが映画単独初主演とは思えないほど繊細(せんさい)な演技が、妹役に抜擢されたセブンティーンのカリスマモデル出身の榮倉奈々の明るさと好対照をみせている。禁じられた恋に苦悩し、その思いを必死に貫こうとする兄妹のひたむきさに心打たれる。

あらすじ:頼(松本潤)と郁(榮倉奈々)は、高校3年生になった今でも2段ベッドの上と下で眠っているほど仲がいい双子の兄妹だ。だが最近、頼の郁への態度が急に冷たくなり、兄の変化についていけない妹は、自分に思いを寄せてくれている同級生の矢野(平岡祐太)に兄のことで相談をもちかける。

スタッフ
監督: 安藤尋
原作: 青木琴美
脚本: 祢寝彩木 / 安藤尋
音楽: 大友良英
撮影: 鈴木一博
照明: 上妻敏厚
録音: 横溝正俊
美術: 松本知恵
編集: 冨田伸子
ヘアメイク: 波止和子
キャスト
松本潤
榮倉奈々
平岡祐太
小松彩夏
岡本奈月
工藤あさぎ
渡辺真起子
諏訪太朗
真柳美苗
工藤あかり
浅野ゆう子

引用元:映画『僕は妹に恋をする』 – シネマトゥデイ https://www.cinematoday.jp/movie/T0005015