ロンドン・フィル首席指揮者「ハイティンク」「テンシュテット」「マズア」「ユフロスキ」 ボストン交響楽団の音楽監督を務めた指揮者セルゲイ・「クーセヴィツキー」 キリル・「コンドラシン」ショスターコーヴィチの交響曲全集を録音

106XDiJhrl
182uMGLtZW
次の人物を
ロンドン・フィルで
首席指揮者を務めたのが
古い順に選びなさい
ハイティンク
ショルティ
テンシュテット
ウェルザー=メスト
マズア
ユロフスキ

138GHhRFvtABD
1924年から1949年までボストン
交響楽団の音楽監督を務めた
ロシア出身のアメリカの指揮者は
セルゲイ・◯◯◯◯◯◯◯◯?
--キヴツクセィ
→クーセヴィツキー
セルゲイ・「クーセヴィツキー」

CIMG4362
世界で初めてショスタコーヴィチ
の交響曲全集を録音したことでも
知られる、モスクワ・フィルで
長年活躍した指揮者は誰?
→コンドラシン

ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(London Philharmonic Orchestra)はイギリスのロンドンに本拠を置くオーケストラで、イギリスを代表するオーケストラのひとつ。英語表記のLondon Philharmonic Orchestraの頭文字をとってLPOと表記される事もある。
なお、19世紀に創設されたロンドン・フィルハーモニック協会(ロイヤル・フィルハーモニック協会、en:Royal Philharmonic Society)とは直接の関係はない。
>ハイティンク時代(1967年 – 1979年)[編集]
オランダの名門オーケストラ・アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席指揮者を務めていた同国出身の指揮者ベルナルト・ハイティンクが、1967年から首席指揮者になる。ビーチャムによる創設からずっとイギリス人指揮者を迎えていたこの楽団に初めて外国人のシェフが着任した。
>ショルティ時代 (1979年-1983年)[編集]
ハイティンクの後任に選ばれたのは、ハンガリーの指揮者でシカゴ交響楽団音楽監督、1972年にイギリスの市民権を得ていたサー・ゲオルク・ショルティだった。ショルティは1938年、25歳の時に同郷の先輩指揮者アンタル・ドラティの引き合わせでコヴェント・ガーデン王立歌劇場のオーケストラ・ピットに入ったロンドン・フィルを初めて指揮して以来41年間、たびたび客演を続けていた。
>テンシュテット時代(1983年 – 1987年)[編集]
東ドイツから西ドイツに亡命し、キールを本拠に活動を始めたばかりだった指揮者、クラウス・テンシュテットがロンドン・フィルとマーラーの交響曲第1番を録音したのは1977年のことだった。
EMIから発売されたこの録音を聴いたカラヤンがその演奏を激賞し、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮台へ招いたというエピソードがあるが、テンシュテットの能力と才能に驚いたのはロンドン・フィルも同じだった。彼らの距離は次第に縮まり、1983年には首席指揮者に招かれる。
>ウェルザー=メスト時代(1990年 – 1995年)[編集]
病気のため、首席指揮者の任を降りたテンシュテットに変わって1990年に首席指揮者に選ばれたのは、当時29歳の若きオーストリアの指揮者フランツ・ウェルザー=メストだった。
カラヤン国際指揮者コンクールに19歳の若さでセミ・ファイナリストとなったこの指揮者は、短い在任期間ながらEMIレーベルにメンデルスゾーンの交響曲第3番『スコットランド』・第4番『イタリア』、ストラヴィンスキーのバレエ音楽『火の鳥』、オーストリアに演奏旅行中に収録されたブルックナーの交響曲第5番などの録音を残した。テンシュテットのレパートリーであったマーラーの交響曲第4番も録音している。珍しいところでは母国のウィンナ・ワルツ集の録音がある。
>マズア時代(2000年 – 2007年)[編集]
2000年、長らくライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の楽長を務めたドイツの指揮者クルト・マズアが首席指揮者に就任した。
楽団の自主制作レーベル「LPO」を立ち上げ、ビーチャム時代からユロフスキまでの演奏のライブ音源をCD化して販売を開始した。
首席客演指揮者だったウラディーミル・ユロフスキが、楽団創立75周年の2007/2008年のシーズンから首席指揮者に就任している。
引用元:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%83%BC%E7%AE%A1%E5%BC%A6%E6%A5%BD%E5%9B%A3

セルゲイ・クーセヴィツキー(Serge Koussevitzky, 実名はSergei Aleksandrovich Koussevitzky, 1874年7月26日 – 1951年6月4日)はアメリカ合衆国で活躍したユダヤ系ロシア人指揮者、作曲家。クセヴィツキーの表記が用いられることもある。1924年から1949年まで、ボストン交響楽団の実質的な終身常任指揮者を務め、就任期間の記録的な長さを誇っている。
>1920年にボリシェヴィキ政権を嫌ってパリに脱出、1924年にボストン交響楽団常任指揮者に任命され、アメリカに移住(1941年にアメリカ合衆国市民権を取得)。それから24年にわたって、ボストン交響楽団を、単にアメリカ合衆国の一流オーケストラとしてだけではなく、世界的水準を持ったオーケストラに育て上げ、同楽団はアメリカ5大オーケストラの一つに数えられるようになる。
引用元: セルゲイ・クーセヴィツキー – Wikipedia.

キリル・ペトローヴィチ・コンドラシン(ロシア語: Кирилл Петрович Кондрашин, 1914年3月6日 – 1981年3月7日)は、旧ソ連の指揮者である。
モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団在任中、ショスタコーヴィチの交響曲の初演に携わった。交響曲第4番、交響曲第13番「バビ・ヤール」は、彼の指揮により初演された。モスクワ・フィルを指揮して、世界で初めてショスタコーヴィチの交響曲全集を録音した。
引用元: キリル・コンドラシン – Wikipedia.