【ギター】田原健一【ドラムス】鈴木英哉【ベース】中川敬輔


次のMr.Childrenのメンバーと
担当している楽器の
正しい組み合わせを選びなさい
田原健一───ギター
鈴木英哉───ドラムス
中川敬輔───ベース
31%

田原 健一(たはら けんいち、1969年9月24日 – )は、日本のバンド・Mr.Childrenのギタリストである。

2001年10月9日、桜井和寿・小林武史と共に一夜限りのユニット「Acid Test」として「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ」に出演した。Mr.Children以外のバンドに参加したのはこの日のみである。
未発表カバー曲「花はどこへ行った」の日本語訳を担当したが、直訳ではないためCD化は実現しなかった。
Mr.Childrenのメンバー・スタッフらで構成された野球チーム「ジミケン」の監督を務めている。
「友達のままで」でピアニカ、「ありふれたLove Story 〜男女問題はいつも面倒だ〜」と「跳べ」でマンドリン、「Mirror」でグロッケンと、ギター以外の楽器も演奏している。スライドバーをよく使い、スライドギター奏法を行う。
「innocent world」のイントロのメロディーは彼の提案によるものである[4]。
引用元:田原健一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E5%8E%9F%E5%81%A5%E4%B8%80

鈴木 英哉(すずき ひでや、1969年11月14日 – )は、日本のバンド・Mr.Childrenのドラマー、コーラス、リーダーである。愛称はJEN(ジェン)[1][2]。

人物
愛称の「JEN(ジェン)」の由来は、鈴木が中学生だった頃、スズキの「GEMMA(ジェンマ)」というスクーターが流行っており、最初はジェンマと呼ばれていた。しかし、友人グループ内にもう1人鈴木という名字がおり、彼の方がジェンマと呼ばれるようになった。代わりに「お前は間が抜けてるから」という理由で「ジェンマ-マ=ジェン」と呼ばれるようになった[3]。

Mr.Childrenのムードメーカーで、話し好きなため、テレビ番組ではボーカルの桜井和寿よりも喋ることがある[3]。
アルバム『Atomic Heart』収録の「Asia(エイジア)」、『DISCOVERY』収録の「#2601」の作曲(桜井との共作)を手がけている。『Kind of Love』収録の「思春期の夏」(自身で作曲も手がける)、『Versus』収録の「逃亡者」ではボーカルも担当。その為、初期の作品では、担当:Drums&Vocalと表記されていた。
アルバム『Atomic Heart』収録の『雨のち晴れ』は、「鈴木が会社員だったら」がコンセプトで書かれた曲であり、当初は鈴木がボーカルを担当する予定であったが、制作中に桜井が気に入り、自らがボーカルを務めることとなった。結局、上述の2作以降はボーカルを担当することが無くなり、作品に於ける表記も担当:Dramsとなった[10]。
引用元:鈴木英哉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E8%8B%B1%E5%93%89

中川敬輔(なかがわ けいすけ、1969年8月26日 – )は、日本のバンド・Mr.Childrenのベーシストである。愛称はナカケー。「スナイパー」という個人事務所を経営している[要出典]。

鈴木や田原健一と同じ中学校に通っていた。その頃田原と「高校に入ったらバンドをやろう」と約束し、田原はギターを選んだため、自らベースを選んだ[2]。このような経緯から桜井和寿はMusic Loversで、「田原と中川の二人がMr.Childrenの原型です」と言っている。その後田原と同じ高校に進学し、軽音楽部で桜井と出会う事になる。デビューまではバンドとアルバイト(ラーメン屋のバイト)を繰り返す日々だった。
引用元:中川敬輔 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E6%95%AC%E8%BC%94