『美しきロスマリン』


作曲家クライスラーの代表作は
『美しき◯◯◯◯◯』?
ロスマリン(答)
41%

美しきロスマリン(Schön Rosmarin)は、フリッツ・クライスラーが作曲した、ヴァイオリンとピアノのための小作品。

4分の3拍子。ト長調。簡単な三部形式。『愛の喜び』・『愛の悲しみ』と一連の作品として演奏会に取り上げられる。

Grazioso

主題は、主和音アルペジョと半音階のスピカートを組み合わせた軽快なもの。

中間には、ヘミオラを活用してリズムに変化をつける。また、主題は、特段変奏もなく数回繰り返されており、時間調整も容易。リサイタル最後のアンコールピースとして適している。
引用元:美しきロスマリン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%8D%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3

フリッツ・クライスラーはウィーン出身の超絶技巧で知られた世界的ヴァイオリニストです。この「美しきロスマリン」は「愛の喜び」、「愛の悲しみ」、と並んでクライスラーの代名詞的に広く知られる、ヴァイオリンとピアノのための小品です。

「ロスマリン」とは花の名前ですが、愛らしさと貞節の象徴でもあり、また愛らしい女性の愛称ともなっています。曲は愛らしく清楚な美しい旋律で、ヴァイオリン奏者のアンコール曲としてよく演奏されます。

「美しきロスマリン」「愛の喜び」と「愛の悲しみ」は3部作「ウィーン古典舞曲集」とされています。これらは一連の作品として、またヴァイオリン曲の定番として世界中で愛されています。
引用元:クライスラー:美しきロスマリン | 人気のクラシック名曲ベスト http://tuhan-shop.net/classic-best/?p=2539

フリッツ・クライスラー(Fritz Kreisler, 1875年2月2日:ウィーン – 1962年1月29日:ニューヨーク)は、オーストリア出身の世界的ヴァイオリニスト、作曲家である。後にフランスを経てアメリカ国籍となった。ユダヤ系。本名はフリードリヒ・クライスラー(Friedrich Kreisler)。

3つの古いウィーンの舞曲
愛の喜び (Liebesfreud)
愛の悲しみ (Liebesleid)
美しきロスマリン (Schön Rosmarin)
引用元:フリッツ・クライスラー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%84%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%BC