せきあきこ関鑑子


1950年代にうたごえ喫茶に繋がる
うたごえ運動を展開した声楽家
関鑑子
せきあきこ(答)
34%

関 鑑子(せき あきこ、1899年(明治32年)9月8日 – 1973年(昭和48年)5月2日)は日本の声楽家、音楽教育者、音楽評論家。第二次世界大戦後、日本共産党員として同党の文化政策に基づく実践活動を行い[1],[2],[3],[4]、国内外において、日本のうたごえ運動の創始者と見なされるようになった[5],[6],[7],[8]。
引用元:関鑑子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E9%91%91%E5%AD%90

関鑑子 せき-あきこ

1899-1973 大正-昭和時代のソプラノ歌手,合唱指導者。
明治32年9月8日生まれ。昭和4年日本プロレタリア音楽家同盟に参加,初代委員長をつとめる。戦後,中央合唱団,音楽センターを主宰し,「日本のうたごえ」運動を全国にひろめた。昭和48年5月2日死去。73歳。東京出身。東京音楽学校(現東京芸大)卒。著作に「歌ごえに魅せられて」。
引用元:関鑑子(せき あきこ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E9%96%A2%E9%91%91%E5%AD%90-1084872


[意味]
かがみ。光の反射を利用して物の姿・形などをうつす道具。 かがみ。姿をうつして見て、自分の戒めとする材料。戒めとなる手本や前例。 かがみ。検討の資料や、手本となる文書。転じて、手形や、人に見せるしるし。 かんがみる。かがみにうつす。転じて、前例をみてよしあしを考える。また、よく見て品定めをする。検討する。 大きな鉢ハチ。水かがみに使えるような盆のこと。 ごらんいただきたいとの意味をあらわす書簡用語。

部首
金(かねへん,かね) < 同じ部首を検索 画数 23 (その他の23画の漢字) 音読み カン < 同じ読みを検索 訓読み かがみ かんがみる < 同じ読みを検索 他の読み あき あきら かた かね しげ のり み みる < 同じ読みを検索 熟語 図鑑 鑑査 鑑札 鑑別 鑑定 印鑑 鑑賞 鑑識 < 検索 引用元:鑑(カン,かがみ,かんがみる,あき,あきら,かた,かね,しげ,のり,み,みる)の意味や読み,鑑を含む名前 (男の子/女の子件) | みんなの名前辞典,よく当たる名前占い,姓名判断(無料) https://mnamae.jp/c/9451.html