アブル・ハッサン


ペーター・コルネリウスの
オペラ『バグダッドの理髪師』
に登場する理髪師の名前は?
サ・ッハブルアン
アブル・ハッサン(答)
36%

カール・アウグスト・ペーター・コルネリウス(Carl August Peter Cornelius, 1824年12月24日 マインツ – 1874年10月26日 マインツ)はドイツの作曲家。詩人・翻訳家としても活動し、音楽に関する著作も残している。

生涯[編集]
少年時代からヴァイオリンを弾き、歌曲の作曲をしていたが、初めて作曲を学んだのは1841年になってからだった。1844年から1852年まで、おじで画家のペーター・フォン・コルネリウス(1784年~1867年)のベルリンの家に身を寄せ、その間にアレクサンダー・フォン・フンボルトやグリム兄弟、フリードリヒ・リュッケルト、フェリックス・メンデルスゾーンら、同地の文化人に出逢う。ベルリン時代の終わりに、いくつかの雑誌に音楽評論を寄稿し、ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフやパウル・ハイゼ、ハンス・フォン・ビューローらと親交を結んだ。

コルネリウスの最初の成熟した作品群は、喜歌劇《バグダッドの理髪師》を含めて、短いヴァイマル時代(1852年 – 1858年)に書かれている。次にウィーンに進出して、5年間を過ごし、リヒャルト・ワーグナーと親交を結ぶ。ワーグナーのしきりの催促で1864年にミュンヘンに定住し、この地で結婚して四児の父親となった。
引用元:ペーター・コルネリウス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9

<セヴィリアの理髪師>ではない。オペラを歌う床屋さんは、バグダッドにもいる。前回のフレイタス=ブランコのコをしりとりして、今回はコルネリウスの代表作と言ってよいであろう歌劇<バグダッドの理髪師>について少し語ってみたいと思う。ワグナーの崇拝者だったと伝えられるペーター・コルネリウス作曲によるこの2幕物のコメディ・オペラが、イラク復興を支援するためのチャリティ公演で取り上げられたという記事を、ずいぶん前にネット上で目にしたことがある。日本人スタッフによる慈善活動の一環だったようだ。

ストーリーは、ごくたわいのない恋愛コメディである。金持ちの青年ヌレディンは、マルギアーナという女性に恋煩い。しかし彼女の方もこの青年に好意を持っていたので、実はこの二人は相思相愛である。(※このあたり、ロッシーニの<セヴィリアの理髪師>とよく似た設定だ。)マルギアーナの親戚にあたる女性ボスターナの活躍で、思い合う二人はマルギアーナの父親がモスクへ祈りに出かけている留守中に、こっそり逢引することになる。ヌレディンはお出かけ前にヒゲの手入れをしようと、床屋のアブル・ハッサンを呼ぶことにする。(※この床屋の名前を聞いて、「ああ、そう言えばウェーバーの歌劇<アブ・ハッサン>もバグダッドが舞台だったな」なんて思いついた方は、おられるだろうか。そのウェーバー作品は、所謂「トルコ趣味」が反映された50分程度の短いオペラだが、これもいつか別の機会に触れる事があるかもしれない。ハインツ・レグナーが優れた全曲CDを遺している。主演はテオ・アダムとペーター・シュライアーだったが、特にシュライアーが好演。)

ところでこのアブル・ハッサンという男、バグダッド一番のおしゃべりすずめで、しかもおっちょこちょいときている。事情を知ってこの床屋ときたら二人の逢引にまで顔を出し、そこでまた変なカン違いをして、マルギアーナの親父やカリフ(お殿様?)まで巻き込んでの大騒動を引き起こす。しかし最後は二人の仲も認められ、めでたくハッピーエンドとなるお気楽な喜劇である。
引用元:歌劇<バグダッドの理髪師> – クラシック音楽オデュッセイア http://blog.goo.ne.jp/kt2004rex/e/9de3b118a8115c697524b9d508d990c0