佐藤二朗


ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ
の仏役や映画『HK 変態仮面』の
真面目仮面役などで知られる
個性派俳優といえば?
佐瀬勝生
高藤浩久
生井一文
佐藤二朗(答)
36%

佐藤 二朗(さとう じろう、1969年5月7日 – )は、日本の俳優、脚本家、映画監督。愛知県春日井市生まれ、愛知郡東郷町育ち。

フロム・ファーストプロダクション所属。身長181cm[1]。

30代に入り、佐藤の出演舞台を観た堤幸彦が『ブラック・ジャックII』に医者役で起用(ワンシーンのみの出演だったが、主演・本木雅弘の事務所社長に声を掛けられ、現事務所に所属)。以降、映像作品への出演が続くようになり、トリッキーな役どころで話題となった(堤作品にも頻繁に出演していた)[3][4]。

2008年、『拝啓トリュフォー様』で地上波ドラマ初主演。同年、自らの強迫性障害の体験を基にした映画『memo』で監督・脚本・出演を務め[5]、湯布院映画祭に招待された。

妻とは8年の交際を経て、2003年に結婚。2011年12月22日に第一子となる男児が誕生。

『ケータイ刑事 銭形泪』で脚本家デビューしている。

2007年にはマギーによるコントユニット(U-1グランプリ)に出演した。

『勇者ヨシヒコと魔王の城』での仏(ほとけ)役の剃髪風カツラ装着の所要時間は、低予算で単に被るだけのためわずか7秒であり、この格差について同番組記者会見では「この枠のダイナミズムを感じた」と語った。[6]
引用元:佐藤二朗 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E4%BA%8C%E6%9C%97