グリーバス将軍


映画『スター・ウォーズEP3』
に登場した、ライトセーバーを
コレクションしている半共和国派
の指導者は◯◯◯◯◯将軍?
グゥキアン
ドルークー
パティバス
グリーバス(答)
26%

グリーヴァス(Grievous)は、アメリカのSF映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する架空の人物で、反共和国派の分離主義者(独立星系連合)を率いた将軍である。

劇中での活躍[編集]
主な活躍は、『スター・ウォーズ クローン大戦』や『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(テレビアニメ)』、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』などで描かれた。クローン大戦の最前線でドロイドたちを指揮し、グリーヴァス自身も多くのジェダイと交戦している。

設定上ではエピソード2『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』でのジオノーシスの戦いにも参戦していたが、目撃したジェダイは皆殺しの憂き目にあったため、共和国軍やジェダイたちにその存在を認知される事はなかったという。

共和国を攻撃し勝利し続ける中、グリーヴァス将軍は共和国の首都コルサントへの奇襲・銀河元老院最高議長パルパティーンの誘拐を実行に移した。コルサントの奇襲は結果的に失敗に終わったが、議長の誘拐には成功し、2人のジェダイを殺害しジェダイ・マスター、シャク・ティを戦闘不能に陥れた(アニメ版スター・ウォーズ クローン大戦シリーズ)。しかし、この誘拐作戦は二人のジェダイ、アナキン・スカイウォーカー、オビ=ワン・ケノービの活躍によって阻止されたため、自身の旗艦「インヴィジブル・ハンド」もろともジェダイと最高議長を葬ろうとするが、この試みもアナキンの発揮した驚異的な操縦技術によって潰えてしまう。

墜落寸前の艦より一足先に脱出したグリーヴァスは、占領した惑星ウータパウに大量のドロイドを隠し、直ちにダース・シディアスへ報告、次なる行動の指示を受けた。しかし共和国はグリーヴァスの潜むウータパウをつきとめ、すぐさまジェダイ・マスター、オビ=ワン・ケノービ将軍率いる大部隊が派遣される。オビ=ワンに対決を挑まれたグリーヴァスはこれに応じるが、やがて自身の不利を悟り逃走を図る。しかしオビ=ワンの激しい追撃により次第に追い詰められていき、最終的に装甲を引き剥がされて露出した内臓をブラスターで焼き尽くされて絶命した[1]。
引用元:グリーヴァス将軍 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%B9%E5%B0%86%E8%BB%8D

グリーヴァスとは、映画『STARWARS』に登場する架空の人物である。

概要
 本名カイメイン・ジャイ・シーラル。
 元々カリーシュと呼ばれる種族の誇り高き将軍だったのだが、カマキリに似た姿をした昆虫型種族ヤムリ(ハック)との戦争で銀河共和国とジェダイがヤムリの支援に回りカリーシュに制裁措置を行ったことからカリーシュの母星カリーは大打撃を受け、グリーヴァスは共和国とジェダイに対して強い憎しみを持つようになる。
 そしてこの時にカリーシュが負った莫大な負債を肩代わりすることを条件に、独立星系連合への参加を画策していたインターギャラクティック銀行グループによって軍事指導者として雇われる。
 その後事故(これは分離主義者による陰謀であった)により負った怪我が元で全身のほとんどがサイボーグとなり、さらに感情の一部を削り取られたことにより、凶暴な殺戮者となり、以後は独立星系連合の将軍としてクローン戦争で活躍した。

クローン戦争末期(新三部作エピソード3)において惑星ウータパウでオビ=ワンと激戦を繰り広げた末、むき出しになった内臓部にブラスターを受け死亡した。
 さらに小説版によると、グリーヴァスはダース・シディアスがオーダー66を実行する際に、その障害になると見込んだジェダイマスター・ケノービをコルサントから遠ざけるためにウータパウに向かわせた捨て駒であり、シディアスからは「生死は問題ではない」と考えられていた。
引用元:グリーヴァス (ぐりーばす)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%B9