桂枝雀


本名は「前田達」
ドラマ『なにわの源蔵事件帳』
英語落語の先駆者
ドラマ『ふたりっ子』
桂ざこば
桂きん枝
桂米朝
桂枝雀(答)
49%


本名は「立入勉三」
「上方落語を聴く会」会長
『痛快!エブリデイ』
『プロポーズ大作戦』
桂きん枝(答)

連想
本名は「中川清」
第1回上方お笑い大賞受賞
定紋は結び柏
落語会2人目の人間国宝
桂米朝(答)

CIMG2038PRnxjjHTYepc
落語家・桂ざこばの
以前の名前は桂○○?
○の名前をひらがなで答えなさい
ちょうまる(答)
桂朝丸

ですが桂南光の以前の名前は桂○○○? ○を答えなさい
べかこ(答)
桂べかこ

連想
本名は「関口弘」
娘はタレント・関口まい
元・桂朝丸
芸名は魚市場のこと
桂ざこば(答)
引用元:落語家の隠語「かぜ」扇子「とんび」笛「だるま」羽織「六日知らず」けち http://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/20927/

CIMG4883
CIMG4884
落語の落ちの種類で
駄洒落で落とすものを
「地口落ち」といいますが

最後の一言で落とすものを
何という?
途端落ち(答)
ぶっつけ落ち
洒落落ち
地口落ち
引用元:「地口」駄洒落「途端」結語 「恐れ入谷の鬼子母神」「びっくり下谷の広徳寺」「そうで(情け)有馬の水天宮」 http://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/2930/

2代目桂 枝雀(かつら しじゃく、本名:前田 達(まえだ とおる)、1939年(昭和14年)8月13日 – 1999年(平成11年)4月19日)は、兵庫県神戸市生まれの落語家。3代目桂米朝に弟子入りして基本を磨き、その後2代目桂枝雀を襲名して頭角を現す。古典落語を踏襲しながらも、超人的努力と空前絶後の天才的センスにより、客を大爆笑させる独特のスタイルを開拓する。出囃子は『昼まま』。実の弟はマジシャンの松旭斎たけし。長男は桂りょうば[1]。

師匠米朝と並び、上方落語界を代表する人気噺家となったが、1999年3月に自殺を図り、意識が回復することなく4月19日に心不全のため死去した。59歳没。他、同世代の噺家の中では『東の志ん朝、西の枝雀』とも称されている。

英語落語[編集]
1980年代頃から英会話学校に通い始め、校長山本正昭の協力のもと始めた英語落語で、海外にも進出した。現在は笑福亭鶴笑、桂かい枝、桂あさ吉らが受け継いでいる。

「当初はきちんと(ネタを)英語に訳さんと、と思っておったんですが、今では落語の雰囲気が判ってもらえればええんや、とある時ふと気が付いたんです」という趣向のため、英語がよく分からなくても楽しめるという内容になっている。演目としては、古典落語の「時うどん」「愛宕山」などのほか、新作の「動物園」や英語落語書下ろしとなった「ロボットしずかちゃん」がある。

テレビ[編集]
1979年9月30日 – 1999年1月15日 「枝雀寄席」(朝日放送)
1979年11月24日 – 「部長刑事」第1100回・もうひとつの動機(朝日放送)
1981年 「なにわの源蔵事件帳」(NHK)
1982年4月 – 1985年12月 「浪花なんでも 三枝と枝雀」(朝日放送)
1982年10月 – 1983年9月 「笑いころげてたっぷり枝雀」(毎日放送)
1985年9月 – 1987年 10月「クイズなんでも一番館」レギュラー解答者(朝日放送、司会・近藤正臣)
1989年 「純ちゃんの応援歌」(NHK朝の連続テレビ小説)
1993年1月1日 「乳の虎〜良寛ひとり遊び〜」(NHK正月時代劇)
1995年 「この指とまれ!!」(ドラマ新銀河、NHK)
1996年1月8日 – 3月18日 「ハンサムマン」(テレビ朝日)
1996年10月 – 1997年3月 「ふたりっ子」(NHK朝の連続テレビ小説)
1997年11月 – 1997年12月 「この指とまれ!!2」(ドラマ新銀河、NHK)
引用元:桂枝雀 (2代目) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E6%9E%9D%E9%9B%80_(2%E4%BB%A3%E7%9B%AE)