デミガイズ エルンペント グラップホーン


次の文字列を組み合わせて
映画『ファンタスティック・
ビーストと魔法の旅』に登場する
魔法動物の名前にしなさい
デミ───ガイズ
エルン───ペント
グラップ───ホーン
24%

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(ファンタスティック・ビーストとまほうつかいのたび、原題:Fantastic Beasts and Where to Find Them)は、2016年のイギリス映画である。2013年9月、ハリー・ポッターシリーズの新作として映画化が発表され、全5部作予定である[3]。2015年11月4日に邦題が『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に決定した[4]。第1作目は2016年11月18日に初公開された。

この作品で、原作者のJ・K・ローリング自身が初めて脚本を手掛けることとなった。英語では同名となる著書『幻の動物とその生息地』(Fantastic Beasts and Where to Find Them)に触発された作品であり、ハリー・ポッターの1作目から約70年前、1926年のアメリカが舞台となる[4]。デヴィッド・イェーツが監督し、ワーナー・ブラザースにより配給された。ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ前日譚である。エディ・レッドメインがニュート・スキャマンダーを演じ、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、サマンサ・モートン、ジョン・ヴォイト、カルメン・イジョゴ、ロン・パールマン、コリン・ファレルが助演した。「ファンタスティック・ビースト」シリーズの第1作であり、ハリー・ポッターシリーズの映画で始まるフランチャイズであるJ・K・ローリングの魔法世界もの全体では9作目となる[5]。
引用元:ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%A8%E9%AD%94%E6%B3%95%E4%BD%BF%E3%81%84%E3%81%AE%E6%97%85

デミガイズ(あるいは葉隠れ獣)とは、草食性の大人しい動物であり未来を予測し透明になる能力があるため捕獲は非常に困難である。極東に生息しているが捕獲のための訓練を受けた魔法使いと魔女にしかその姿を捉えることはできない[2]。巨大な黒い目と滑らかな毛並みを有しておりその外見はサルにも似ている。織れば透明マントにできるためデミガイズの毛皮は大変珍重されている。デミガイズの毛皮から作られた透明マントは時を経ればいずれ効果を失い目に見えるようになる。

デミガイズの目には予知能力が備わっており彼らを捕まえるには完全に予測不能な動きをするしかない。
引用元:デミガイズ | Harry Potter Wiki | FANDOM powered by Wikia http://ja.harrypotter.wikia.com/wiki/%E3%83%87%E3%83%9F%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%BA

エルンペント ERUMPENT

M.O.M.分類 XXXX

強大な力を持つ、大型で灰色のアフリカ産の動物。体重は一トンにもなり、遠目にはサイと見間違われることがある。厚く硬い皮膚は、大方の呪文も呪いもはねつけるし、鼻の上に大きな鋭い角、ロープのような長い尾を持っている。一度に一頭しか出産しない。メスのエルンペントは、通常のサイよりも5倍の大きさになる事が判明している。
引用元:エルンペント | Harry Potter Wiki | FANDOM powered by Wikia http://ja.harrypotter.wikia.com/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%88

欧州の山脈地帯に生息する恐竜に似た魔法動物がグラップホーン。ドラゴンを連想させる、紫色をしたごつごつの皮膚に、複数の角が生えた頭、長くて太い尻尾を持つのが特徴。非常に凶暴な性格の持ち主で、グラップホーンにはほとんどの呪文や魔法は効かないとさえ言われています。

グラップホーンの角は、薬の材料として高く取引され、珍しい毒にも効く解毒剤として使われます。中にはグラップホーンを手なずける者もおり、マウンテン・トロールは乗りこなすことができます。また、ニュートン・スキャマンダーも大人と子供のグラップホーンを飼育して、トランクに入れていました。
引用元:ファンタスティック・ビーストに登場する魔法動物の名前と詳細 – 映画の秘密ドットコム https://www.eiganohimitsu.com/2720.html