「セシール」のCM「Il offre sa confinance et son amour」「愛と信頼をお届けする」

030GdnRyOHJeR
次の文字列を順に選んで
セシールのCMの最後に
言っている言葉にしなさい
Il offre
sa confinance
et son
amour
「Il offre sa confinance et son amour」

株式会社セシール(英: Cecile co., ltd.)は、かつて存在した大手通信販売会社。本社は香川県高松市観光町にあった。
>創業者の正岡道一が、1972年に高松市で創業。妻と共にストッキングをリヤカーに積んで販売して歩いた。1974年に、法人化して東洋物産株式会社を設立。翌1975年から通信販売を開始し、通信販売業者として発展し、株式上場も果たした。商号は、1983年に株式会社セシールに変更。
>CMでは最後に必ずサウンドロゴとして「♪セシ~ル…」と女性数人の声で歌われた後に、フランス語で “Il offre sa confiance et son amour.”(フランス語発音: [ilɔfʁsakɔ̃fjɑ̃ːs esɔnamuːʁ] イロッフルサコンフィヤーンセソナムール)と静かに低音で話す男性の声を流していた。これは「愛と信頼をお届けする」という意味。
>テレビCMの全国放映開始後、最後のフランス語のセリフについての問い合わせが殺到すると共に、セシールの知名度も急上昇し、売上高も創業当時から約7倍に跳ね上がったという[要出典]。「セシール」「イオンソソナモンセソナモン」といった意味不明な掛け合いが放送された。
引用元: セシール – Wikipedia.