『愛は吐息のように』


1986年の映画『トップガン』の
挿入歌だった、ベルリンのヒット
曲は『愛は◯◯のように』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
といき(答)
17%
『愛は吐息のように』


1977年に全米1位となった「愛はきらめきの中に」を歌っていたグループは?
ビージーズ(答)

ベルリン (Berlin) は、米国カリフォルニア州オレンジ郡出身のバンド。グループ名は同名のドイツの都市からとっている。

概要[編集]
1982年 メインヴォーカルのテリー・ナンを含む男女3人組・アメリカのシンセ・ニューウェーブパングバンドとして、アメリカのインディーレーベルより発売されたシングル SEX(…I’m A) 邦題・その時、私は…。 が、マーキュリーレコード(発売元・日本フォノグラム)より日本リリース。この曲はアメリカのラジオ局の殆どが放送禁止にした事を含め、続くシングル「METRO」などもPVと併せて、洋楽音楽番組ベストヒットUSAなどで紹介。アメリカ盤「プレジャー・ヴィクティム」にボーナストラック、ロングヴァージョンなどを追加した日本再編集盤も発売され、注目を浴びるが、ビッグヒットには至らず。
1983年 インディー盤「プレジャー・ヴィクティム」がヒットし、旧譜を含めメジャーレーベル ゲフィン・レコードと契約。再リリースされた「プレジャー・ヴィクティム」がアメリカでプラチナセールスを記録。
1986年 映画「トップガン」の挿入歌としてサウンド・プロデューサーにイタリアのジョルジオ・モロダーが担当した”Take My Breath Away” (愛は吐息のように) が選ばれ、ケニー・ロギンスの担当した主題歌「デンジャーゾーン」と共に世界的に大ヒットする。1993年には3代目ホンダ・インテグラのCMソングに使用された。”Dancing In Berlin”や”No More Worlds”などもヒット入りをしている。
引用元:ベルリン (バンド) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%B3_(%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89)

『トップガン』(Top Gun)は、1986年のアメリカ映画。アメリカ海軍の戦闘機パイロットの青春群像を描いた航空アクション映画である。

概要[編集]
1986年度の全米興行成績1位を記録し[3]、日本でも1987年度の洋画配給収入1位を記録した[4]。本作の大ヒット[5]により、主演のトム・クルーズは一躍トップスターの仲間入りを果たした。助演のヴァル・キルマー、メグ・ライアン、ティム・ロビンスら、若手俳優の出世作としても知られる。
「トップガン (Top Gun)」とは、アメリカ海軍戦闘機兵器学校のことで、エリート戦闘機パイロットの上位1パーセントのパイロット達の空中戦技を指導するために創られた養成機関である。本作の製作当時は劇中の通り、カリフォルニア州サンディエゴ近郊のミラマー海軍航空基地 (Naval Air Station Miramar) にあったが、1996年にネバダ州のファロン海軍航空基地へ移転している。

サウンドトラック[編集]
主題歌・挿入歌といった歌曲を集めたソングアルバム(歌以外も1曲のみ収録)が「オリジナル・サウンドトラック盤」として繰り返し発売されているだけでなく、最近では、歌以外の劇中音楽やオマージュ曲、登場人物が劇中で歌った『Great Ball Of Fire』『You’ve Lost That Lovin’ Feeling』の原曲などを収録したデラックスエディションも発売されている。一方、そのソングアルバムに収められた「トップガン~賛美の世界~(原題TOPGUN ANTHEM(トップガン・アンセム))」は、劇中に使用されたものとは別の演奏である。
プロデューサーのドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマーが手がけた『フラッシュダンス』や『ビバリーヒルズコップ』と同様に、本作もMTV感覚の映像作品としてロックやポップ・ミュージックをBGMに使用している。これらを収録したサウンドトラックも大ヒットし、ビルボードアルバムチャート1位を獲得。ベルリンが歌う挿入歌「愛は吐息のように」(Take My Breath Away)もシングルチャート1位を記録し、アカデミー賞とゴールデングローブ賞においてアカデミー歌曲賞[11]およびゴールデングローブ賞 主題歌賞を受賞した。
引用元:トップガン (映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%AC%E3%83%B3_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

「愛はかげろうのように」(あいはかげろうのように、原題 I’ve Never Been to Me)は、1976年のアメリカの歌。1977年にリリースされたシャーリーンのバージョンが代表的なものとして知られる。作詞・作曲はモータウンのヒットメーカーとして知られるロナルド・ノーマン・ミラー (en:Ron Miller (songwriter))とケネス・ハーシュ (en:Ken Hirsch)。
この記事では、「I’ve Never Been to Me」のシャーリーン以前にリリースされたバージョンや各種カバーについても記述する。
引用元:愛はかげろうのように – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E3%81%AF%E3%81%8B%E3%81%92%E3%82%8D%E3%81%86%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB

「愛はきらめきの中に」(あいはきらめきのなかに、How Deep Is Your Love)は1977年にリリースされたビー・ジーズのシングル曲。ジョン・バダム監督の映画『サタデー・ナイト・フィーバー』に、「ステイン・アライブ (Stayin’ Alive)」、「恋のナイト・フィーバー (Night Fever)」(ともにビー・ジーズ)、「アイ・キャント・ハブ・ユー(If I Can’t Have You)」(イヴォンヌ・エリマン (Yvonne Elliman))とともに起用された。
UKチャートでは3位が最高、アメリカのビルボードチャートでは同年のクリスマスイブに1位をマークし、トップ10にも17週間とどまった。ビルボード誌1978年年間ランキングは第6位。
引用元:愛はきらめきの中に – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E3%81%AF%E3%81%8D%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%8D%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AB