『レザボア・ドッグス』 『パルプ・フィクション』 『ジャッキー・ブラウン』 『キル・ビル』


次のクエンティン・
タランティーノが監督した映画を
公開が古い順に選びなさい
『レザボア・ドッグス』
『パルプ・フィクション』
『ジャッキー・ブラウン』
『キル・ビル』
42%

クエンティン・ジェローム・タランティーノ(英: Quentin Jerome Tarantino, 1963年3月27日 – )は、アメリカ合衆国の映画監督。
1990年代前半、入り組んだプロットと犯罪と暴力の姿を描いた作品で一躍脚光を浴びた。脚本も書き、自身の作品に俳優として出演もする。アカデミー脚本賞とカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞している。日本での愛称:タラ、タラちゃん。

監督[編集]
長編映画[編集]
公開年 邦題 原題
1992年 レザボア・ドッグス Reservoir Dogs
1994年 パルプ・フィクション Pulp Fiction
1997年 ジャッキー・ブラウン Jackie Brown
2003年 キル・ビル Vol.1 Kill Bill: Vol. 1
2004年 キル・ビル Vol.2 Kill Bill: Vol. 2
2007年 デス・プルーフ in グラインドハウス Death Proof
2009年 イングロリアス・バスターズ Inglorious Bastards
2012年 ジャンゴ 繋がれざる者 Django Unchained
2015年 ヘイトフル・エイト The Hateful Eight
引用元:クエンティン・タランティーノ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8E

高校中退後、俳優を目指す傍らレンタルビデオ屋の店員になり、膨大な数の映画を鑑賞する生活を送る。やがて脚本を書くようになり、「レザボアドッグス」を自主製作しようとしたころ、俳優ハーベイ・カイテルの目に留まり、彼の後押しもあって監督デビューを果たす。同作は、91年のサンダンス映画祭で好評を博し、その後劇場公開もされて評判となる。デビュー前に書き上げた「トゥルー・ロマンス」が93年にトニー・スコット監督の、「ナチュラル・ボーン・キラーズ」が94年にオリバー・ストーン監督の手によって映画化。自身監督2作目「パルプ・フィクション」(94)にはスターがこぞって出演し、カンヌ国際映画祭でパルムドールを、アカデミー賞では脚本賞を受賞した。以降、「ジャッキー・ブラウン」(97)、「キル・ビル」2部作(03、04)と常に注目を集めるフィルムメーカーに。その後、歴史を題材にした「イングロリアス・バスターズ」(09)と「ジャンゴ 繋がれざる者」(12)でもアカデミー脚本賞にノミネートされ、後者で2度目の受賞を果たした。自身の作品や盟友ロバート・ロドリゲスの監督作に俳優として出演することも多く、「フロム・ダスク・ティル・ドーン」(96)ではジョージ・クルーニーの弟役を演じた。
引用元:クエンティン・タランティーノ – 映画.com http://eiga.com/person/27355/