『Straighten Up and Fly Right』


次の文字列を順に選んで
ナット・キング・コールの
1944年のヒット曲の
タイトルにしなさい
Straighten Up
and
Fly
Right
20%

“Straighten Up and Fly Right” is a 1943 song written by Nat King Cole and Irving Mills and performed by The King Cole Trio. The single was the trio’s most popular single reaching number one on the Harlem Hit Parade for ten nonconsecutive weeks. The single also peaked at number nine on the pop charts.[1] “Straighten Up and Fly Right” also reached number one for six nonconsecutive weeks on the Most Played Jukebox Hillbilly Records.[2]

The song was based on a black folk tale that Cole’s father had used as a theme for one of his sermons. In the tale, a buzzard takes different animals for a joy ride. When he gets hungry, he throws them off on a dive and eats them for dinner. A monkey who had observed this trick goes for a ride; he wraps his tail around the buzzard’s neck and gives the buzzard a big surprise by nearly choking him to death.
引用元:Straighten Up and Fly Right – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Straighten_Up_and_Fly_Right

この歌手の父親が黒人教会の説教師で、日曜に話した寓話のようなものらしいです。
英語の歌詞には、本人以外にはわからない難解なものが多いです。
これも、いろいろな説があるそう。
歌は歌詞だけでなく曲も人気の理由なので、歌手の才能やメロディがヒットの理由でしょう。
Buzzardは、Turkey buzzardと呼ばれるハゲわしで、動物の死骸を食べる悪いイメージがあって、人間でも卑劣なやつとかに使われます。
Straighten upということばは、非行をかさねるような人間に「まともになれ、心を入れかえろ」というときにも使われます。

ハゲワシが小さい動物たちを背中にのせ、空を飛んで遊ばせようと嘘をつき、飛んでから背中の動物を食べてしまう。
これに気がついた猿が、ハゲワシを懲らしめるため、わざと背中に乗って、空中でハゲワシの首を絞める。
ハゲワシが、絞めるのをやめたら逃がしてやる、と嘘を言うが、猿は信じない。

人間は正しく生きろというお説教ですね。
引用元:キング・コールの歌が分からない。 – 大ヒット曲と言われます… – Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1092641890