「沢田研二」1978大トリ


NHK『紅白歌合戦』の大トリを
ポップス歌手で初めて務めたのは
1978年の誰?
ひらがなで答えなさい
さわだけんじ
39%
沢田研二

167fcgtudmtxem
1971年に結成された
ロックバンド「PYG」の
ボーカルをフルネームで
1人答えなさい
はぎわらけんいち(答)萩原健一
さわだけんじ(答)沢田研二
42%

140Zpcmnlf
次のうち、1971年に結成された
ロックバンド「PYG」の
メンバーだった人物を
1つ選びなさい
井上堯之(答)
沢田研二(答)
タケカワユキヒデ
井上順
Char
井上忠夫
かまやつひろし
萩原健一(答)
46%
引用元:「井上堯之」「沢田研二」「萩原健一」「岸部一徳」ロックバンド「PYG」 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/29063/

『NHK紅白歌合戦』(エヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、NHKが1951年から大みそかに放送している男女対抗形式の大型音楽番組。日本の長寿番組の一つ。通称は『紅白』。

両組最後に登場する歌手は「トリ」(後に登場する側は「大トリ」)として、特別に注目を集める。
通常、ベテラン、大御所と呼ばれる歌手が選出される。まれに若手歌手が選出されると、「大抜擢」と表現される。
番組初期は演歌が流行していたこともあり、長らくトリは演歌歌手が独占していた。初めて両組ともにポップス歌手から起用されたのは、演歌が記録的に不作であった第29回(1978年)の山口百恵と沢田研二である(山口百恵は当時19歳であり史上最年少)。その後演歌の人気が低下してもこの傾向は変わらず、また演歌歌手も出演歌手中「大御所」の位置にあったため、トリを飾るには違和感がなかったこともある。ポップス歌手のトリが増えたのは、演歌歌手の出場が減った2000年代後半からである。ポップス歌手においても、DREAMS COME TRUE、高橋真梨子、松田聖子など、ベテラン歌手の起用が多い。
トリ歌手は「ソロ歌手でなくてはいけない」という慣例が存在したとされる。第43回(1992年)にトリをとった由紀さおりは、例年安田祥子とのデュエットでの出場が定番だったが、この年のみソロで出場している(安田はコーラスに回る)。グループでのトリは、第54回(2003年)のSMAPが最初である。
第35回(1984年)で引退前最後のステージとして都はるみが大トリを務めた際、歌唱後に会場からアンコールが行われ、特別にリストにはない2曲目が披露された[32]。
第64回(2013年)ではトリが変則的で、正規のトリとして高橋真梨子・SMAPの歌唱後に、同回で勇退の北島三郎のステージ(「究極の大トリ」と位置付けされた)となった。
最後の数組の歌唱の際には、出場歌手も両方の花道に並ぶ。
演歌歌手がトリの時には、アウトロが華やかなファンファーレになるよう編曲されている。
引用元:NHK紅白歌合戦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/NHK%E7%B4%85%E7%99%BD%E6%AD%8C%E5%90%88%E6%88%A6

沢田 研二(さわだ けんじ、1948年6月25日 – 両親の実家がある鳥取県鳥取市の生まれで京都府京都市育ち。)は、日本の歌手、俳優、作詞・作曲家。本名、澤田 研二。ニックネームはジュリー(由来は沢田本人が女優のジュリー・アンドリュースのファンだったため)[1]。妻は女優の田中裕子。前妻は元ザ・ピーナッツの伊藤エミ。身長171cm。現在は横浜市中区に在住。
1960年代後半のグループ・サウンズ全盛期からスーパー・スターとして活躍し、ソロとしてのシングル総売上は1,239万枚(1982 – 1991年の9年間は歴代1位の座を保つ[2])。ザ・タイガース、PYG時代を含めると1,666万枚になる。
引用元:沢田研二 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%A2%E7%94%B0%E7%A0%94%E4%BA%8C