スカーレット「ピンパーネル」


バロネス・オルツィの小説
『紅はこべ』を原作とする人気
ミュージカルは『スカーレット
◯◯◯◯◯◯』?
ネルピパンー
ピンパーネル(答)
16%
The Scarlet Pimpernel

CIMG2260jsbEyeWYKpce
次のミステリ小説の登場人物を
それを生んだ作家ごとに
グループ分けしなさい

バロネス・オルツィA・バークリー
ロジャー・シェリンガム
A・チタウィック
レディ・モリー
隅の老人

引用元:「ブラウン神父」 チェスタトンの推理小説に登場する探偵 http://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/2173/

『スカーレット・ピンパーネル』は、ミュージカル作品。原作はバロネス・オルツィの小説「紅はこべ」(原題:The Scarlet Pimpernel)。
1997年にブロードウェイで初演された。登場人物などの設定は原作に近いが、ストーリーはかなり異なり、マルグリートが手紙を盗み見るところの他は、ほとんどの場面が原作には全くない場面で構成されている。マルグリートとショーヴランは元恋人で、アルマンはマルグリートの弟になり、アルマンの恋人はサン・シール侯爵令嬢ではない。
脚本・作詞はナン・ナイトン、作曲はフランク・ワイルドホーン。

あらすじ[編集]
フランス革命の最中の1794年を舞台とする。ロベスピエールを指導者とするジャコバン党の革命政府と公安委員会は、無実の罪の貴族達を反革命の罪で次々に逮捕し、ギロチンによって処刑していた。このような中、無実の貴族達を見事に救い出す謎の集団「スカーレット・ピンパーネル」(紅はこべ)がパリの街中を騒がせていた。
スカーレット・ピンパーネルは、王太子ルイ・シャルルの救出を目的として動き出す一方、革命政府全権大使のショーヴランは、スカーレットピンパーネルの正体を暴き、その壊滅を目論んでいた。物語は、スカーレットピンパーネルのリーダーのパーシー・ブレークニーを中心に、パーシーの妻マルグリット、そしてショーヴランの3人の愛情と疑念、そして憎しみを描きながら、展開していく。
引用元:スカーレット・ピンパーネル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%AB

『紅はこべ』(べにはこべ、原題:The Scarlet Pimpernel)は、バロネス・オルツィ(オークシイ)作のイギリスの小説。1905年にロンドンで出版された。

あらすじ[編集]
1792年のフランス革命の真っ只中にあるフランスではオーストリアとの戦争が始まり、ただ貴族、聖職者だと言うだけでオーストリアとの密通を疑われてギロチンに送られていた。
そんな中、鮮やかな手口と大胆な知略で捕らえられた貴族を救い出してイギリスへ亡命させる謎の一団が現れる。革命政府は捕らえようとするが、彼らはその追跡を振り切り、貴族達と共に逃げ去ってしまう。残された紋章からいつしかその一団は「紅はこべ」と呼ばれるようになる。
引用元:紅はこべ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%85%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%B9