『ジャッジ・ドレッド』『ドリヴン』スタローン


次の映画を、主演俳優ごとに
グループ分けしなさい
47%

シュワルツェネガーS・スタローン
エンド・オブ・デイズ
ジャッジ・ドレッド
ドリヴン
ツインズ
オーバー・ザ・トップ
コップランド

アーノルド・アロイス・シュワルツェネッガー(Arnold Alois Schwarzenegger[1], 1947年7月30日 – )は、アメリカ合衆国の元ボディビルダー、映画俳優、元政治家、実業家。2003年から2011年にかけてカリフォルニア州知事を務めた。日本ではシュワちゃんの愛称で呼ばれている。

主な作品
『ターミネーター』シリーズ
『コマンドー』
『プレデター』
『トータル・リコール』
『トゥルーライズ』
『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』
引用元:アーノルド・シュワルツェネッガー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%AC%E3%83%BC

15歳でボディビルをはじめ、20歳でミスター・ユニバースとなる。映画デビューは70年の「ヘラクレス・イン・ニューヨーク」(アーノルド・ストロング名義)。その後、「ロング・グッドバイ」(73)などの端役を経て、82年「コナン・ザ・グレート」(ジョン・ミリアス監督)でタイトルロールに抜擢。そして、84年の「ターミネーター」(ジェームズ・キャメロン監督)でスターの地位を確立。以後、「ターミネーター2」(91)、「トゥルー・ライズ」(94)、「ターミネーター3」(03)などに出演し、ハリウッドの最高給取りとして君臨。そして、03年、カリフォルニア州知事に立候補し、レーガン元大統領に次ぐ2人目の俳優出身のカリフォルニア州知事となった。
引用元:アーノルド・シュワルツェネッガー – 映画.com http://eiga.com/person/10405/

シルヴェスター・ガーデンツィオ・スタローン(Sylvester Gardenzio Stallone, 1946年7月6日 – )は、アメリカ合衆国の俳優、映画監督、脚本家。身長174cm。1970年代から1990年代のアクション映画を代表するスター。70歳を超えた現在でも、鍛え上げた肉体で激しいアクションをこなす映画俳優である。左利き。

主な作品
『ロッキー』シリーズ
『ランボー』シリーズ
『エクスペンダブルズ』シリーズ
『クリフハンガー』
『コップランド』
引用元:シルヴェスター・スタローン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3

米国でシチリア系移民の子として育ち、両親の離婚を機にフィラデルフィアへ移住。マイアミ大学に演劇専攻で入学するも中退し、ニューヨークのオフブロードウェイで舞台に立つなど下積み生活を続ける。1975年、モハメド・アリの試合に感動して3日間で書き上げたボクシング映画「ロッキー」の脚本を自らの主演を条件にスタジオに売り込み映画化にこぎつける。同作は世界的な大ヒットとなり、一躍スターとなったスタローン自身もアカデミー賞で主演男優賞と脚本賞にダブルノミネートを果たした。以降は「ロッキー」シリーズに加え、ベトナム帰りの元グリーンベレーを主人公にした「ランボー」シリーズ(82~)でアクションスターとして不動の地位を確立。アクション映画を中心に活躍を続け、監督・脚本・主演を務めた「エクスペンダブルズ」(10)では新旧のアクションスターを一堂に集めてファンたちを歓喜させ、第2弾(12)、第3弾(14)でも脚本・主演を務める。ロッキーの好敵手アポロの息子を主人公にした「クリード チャンプを継ぐ男」(15)で再びロッキーを演じ、ゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞した他、アカデミー助演男優賞にもノミネートされた。
引用元:シルベスター・スタローン – 映画.com http://eiga.com/person/35127/