『恋する季節』西城秀樹



郷ひろみのデビュー曲は
『男の子 女の子』ですが

西城秀樹のデビュー曲は
『◯◯◯◯◯』?
ひらがな7文字で答えなさい
こいするきせつ(答)
31%
『恋する季節』

063MGVWyfr
次のうち
西城秀樹のシングル曲を
全て選びなさい
『抱きしめてジルバ』(答)
『青いリンゴ』 野口五郎
『ボタンを外せ』(答)
51%
引用元:西城秀樹『抱きしめてジルバ』『ボタンを外せ』 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/26070/

「恋する季節」(こいするきせつ)は、西城秀樹の楽曲で、1枚目のシングル。1972年3月25日にRCA/日本ビクターから発売。

概要[編集]
作詞は麻生たかし、作曲は筒美京平である。「ワイルドな17歳」のキャッチフレーズとともに歌手デビューする。
引用元:恋する季節 (西城秀樹の曲) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%8B%E3%81%99%E3%82%8B%E5%AD%A3%E7%AF%80_(%E8%A5%BF%E5%9F%8E%E7%A7%80%E6%A8%B9%E3%81%AE%E6%9B%B2)

西城 秀樹(さいじょう ひでき、1955年4月13日 – )は、日本の歌手、俳優。本名は木本 龍雄(きもと たつお)。広島県広島市出身。アースコーポレーション所属。身長181cm。血液型はAB型。既婚。

山陽高等学校時代、ジャズ喫茶でバンド出演時に、たまたま歌っていたところをスカウトされる[1]。本来、歌手には興味がなかったが、当時、尾崎紀世彦の「また逢う日まで」がヒットして、歌謡曲が変わり始めた時期と感じ、スカウトを承諾した[1]。父親が頑固で厳しい人であったため芸能界入りを猛反対[9]。その反対を押し切り、家出同然で広島から上京。芸能事務所「芸映」に所属[10]。明大中野高等学校定時制へ転校する[11]。
1972年3月25日、ビクター音楽産業 (RCA) よりシングル「恋する季節」で歌手デビュー。キャッチフレーズは「ワイルドな17歳」[12]。片仮名の「ヒデキ」が愛称となる。
1973年6月25日、「情熱の嵐」がオリコン週間チャートで初のベストテン入りとなり、一躍トップアイドルの仲間入りを果たし、郷ひろみ、野口五郎と共に「新御三家」と呼ばれる[13]。「ちぎれた愛」、「愛の十字架」が連続してオリコン週間チャートの第1位を獲得。絶唱型と言われる歌唱法を披露。『第15回日本レコード大賞』で初の歌唱賞を受賞する。
引用元:西城秀樹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%9F%8E%E7%A7%80%E6%A8%B9