近藤正臣『柔道一直線』『黄金の日日』


大河ドラマ『黄金の日日』
時代劇『新・必殺からくり人』
『探偵・神津恭介の殺人推理』
『柔道一直線』
桜木健一
松田優作
萩原健一
近藤正臣(答)
41%


ドラマ『特捜最前線』
ドラマ『特命刑事』
ドラマ『刑事くん』
ドラマ『柔道一直線』
桜木健一(答)

連想
ドラマ『太陽にほえろ!』
映画『八つ墓村』
ドラマ『傷だらけの天使』
ドラマ『前略おふくろ様』
萩原健一(答)

近藤 正臣(こんどう まさおみ、1942年2月15日 – )は、日本の俳優。本名は川口 正臣。シーズ・マネージメント所属。

主な作品
テレビドラマ
『柔道一直線』 / 『国盗り物語』
『黄金の日日』 / 『地の果てまで』
『必殺シリーズ』 / 『太平記』 / 『龍馬伝』
『ごちそうさん』 / 『あさが来た』

しかし、その後もしばらく東映京都などで仁侠映画や時代劇の端役が続く。1970年、大河ドラマ『樅ノ木は残った』の端役が決まり、NHKのプロデューサーに上京を勧められていた頃、『柔道一直線』の主人公(桜木健一)のライバル・結城真吾役が決まり、1971年、再び上京し出演したこのドラマで、一気に人気に火がつくことになる。
以後は『冬の雲』『春の嵐』『地の果てまで』と立て続けに出演。人気を決定づける。1973年には大河ドラマ『国盗り物語』で後半の中心人物・明智光秀役を演じる。
引用元:近藤正臣 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%97%A4%E6%AD%A3%E8%87%A3