佐々木麻美子 田島貴男 野宮真貴


次のピチカート・ファイヴの
元メンバーを
ボーカルを担当したのが
早い順に選びなさい
佐々木麻美子
田島貴男
野宮真貴
33%

508RghqgVv
次のミュージシャンを
在籍したことがある
渋谷系バンドごとに
グループ分けしなさい

ピチカート・ファイヴフリッパーズ・ギターL⇔R
野宮真貴
木下裕晴
小山田圭吾
嶺川貴子

引用元:「ピチカート・ファイヴ」野宮真貴・小西康陽「フリッパーズ・ギター」小沢健二・小山田圭吾「L⇔R」木下裕晴・嶺川貴子 「三原さと志」小山田圭吾の父「和田弘とマヒナスターズ」のボーカル 「嶺川貴子」小山田圭吾の元妻のミュージシャン「小桜葉子」加山雄三の母 http://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/13326/

ピチカート・ファイヴ(PIZZICATO FIVE、1984年 – 2001年3月31日)は、日本の音楽グループ。デビュー当時から1987年までの表記はPIZZICATO Vだった。

メンバー
小西康陽(ベース、ギター、キーボード)
1984年 – 2001年[1]
野宮真貴(ヴォーカル)
1990年 – 2001年

旧メンバー
高浪慶太郎(ギター、キーボード、ヴォーカル)
1984年 – 1994年[1]
田島貴男(ヴォーカル、ギター、ハーモニカ)
1988年 – 1990年
佐々木麻美子(ヴォーカル)
1984年 – 1987年[1]
鴨宮諒(キーボード)
1984年 – 1987年[1]

概要[編集]
1990年代の日本において一世を風靡した「渋谷系」と呼ばれる系統に属し、その音楽性のみならず3代目ボーカルである野宮真貴のルックス・ファッション面でも評価が高かった[2]。自らを「ハッピー」、「キャッチー」、「グルーヴィー」、「ファンキー」といった言葉で形容することがある。
その活動はアメリカやイギリス、フランスなどの欧米諸国にまで及び、ミック・ジャガーがピチカート・ファイヴのファンを公言していたほか、ロバート・アルトマン監督の『プレタポルテ』(1994年)や劇場版『チャーリーズ・エンジェル』(2000年)で「トゥイギー・トゥイギー~トゥイギー対ジェイムズ・ボンド~」(元曲は野宮のソロ時代のもの)が使われたり、2002年のオースティン・パワーズ#第3作では「東京の合唱」が流れるなど、複数の外国映画で楽曲が使われた。
熱狂的なファンを指す用語や、公式ファンクラブの名称は「ピチカートマニア!」。
引用元:ピチカート・ファイヴ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%81%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B4