中村誠一『今夜は最高』ゲス・マイ・ファインズ


ゲス・マイ・ファインズを結成
TV番組『今夜は最高』に出演
ジャズ・テナーサックス奏者
山下洋輔トリオで活躍
中村誠一(答)
渡辺貞夫
南里文雄
坂田明
23%


マイルス・デイビスと交流
愛称は「プーさん」
ジャズ・ピアニスト
日野皓正とのユニットで活躍
菊地雅章(答)
きくちまさぶみ

連想
『カリフォルニア・シャワー』
1979年にヤマハのCMに出演
ジャズ・サックス奏者
愛称は「ナベサダ」
渡辺貞夫(答)

連想
菊地雅章とのユニットで活躍
息子の賢二もミュージシャン
ジャズ・トランペット奏者
長野パラリンピック開会式で演奏
日野皓正(答)

CIMG3019
タレントのタモリを発掘した
ジャズピアニストで、ひじで
鍵盤を鳴らす独特の奏法で
知られるのは?
中村洋助
菊下雅一
山地誠章
山下洋輔(答)

043LzMbPymImM
元海上自衛隊の隊員
『儲かりマンデー!!』ED作者
ジャズ・トランペット奏者
菊地成孔(きくちなるよし)のバンドで活躍
渡辺貞夫
類家心平(答)
南里文雄
日野皓正
引用元:類家心平 菊地成孔(なるよし)好きのジャズ・トランペット奏者 ED『儲かりマンデー』 山下洋輔「タモリを発掘したジャズ・ピアニスト」「肘で鍵盤」」 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/6679/

中村 誠一(なかむら せいいち、1947年3月17日 – )は、日本のジャズ・テナーサックス奏者。洗足学園音楽大学音楽学部音楽学科器楽専攻ジャズコース教授を務めている。

歴[ソースを編集]
東京都出身。日本大学櫻丘高等学校在学中に吹奏楽部に所属し、2学年上のクラリネット奏者花岡詠二によってスウィング・ジャズの洗礼を授けられる。1969年、国立音楽大学サックス科を卒業する。クラリネットを大橋幸夫に、サックスを石渡悠史に師事した。大学在学中から山下洋輔と共に演奏し、1969年から1972年まで第1期山下洋輔トリオで活動した。トリオ脱退後はゲス・マイ・ファインズでの活動を経て、1978年に渡米し、ジョージ・コールマンに師事した。中村照夫とライジングサンでの活動を経て、1980年に日本へ帰国する。1981年から1989年まで日本テレビ系列の『今夜は最高!』に出演した。2001年から吉岡秀晃と共にバンド“BoNoBo Land”で活動していた。
引用元:中村誠一 (ミュージシャン) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E8%AA%A0%E4%B8%80_(%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3)

菊地 雅章(きくち まさぶみ、1939年10月19日 – 2015年7月6日)は、日本のジャズ・ピアニスト、キーボード奏者。「プーさん」の愛称で親しまれている。実兄の菊地雅春は東京藝術大学音楽学部作曲科出身の作曲家。実弟の菊地雅洋も東京藝術大学音楽学部作曲科出身のジャズピアニスト。ベーシスト菊地雅晃の叔父。

来歴[編集]
東京都出身。太平洋戦争中に福島県会津若松市に疎開。6歳でピアノを始め、18歳でプロとして活動開始。1960年代には美空ひばり、渡辺貞夫、日野皓正などと共演。
引用元:菊地雅章 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%8A%E5%9C%B0%E9%9B%85%E7%AB%A0

渡辺 貞夫(わたなべ さだお、1933年2月1日 – )は、日本のミュージシャン・作曲家。栃木県宇都宮市出身。
ナベサダの愛称でジャズ・フュージョンのサックスプレーヤー・フルート奏者として活動し、CMにも出演している。

1969年に発売されたアルバム『PASTORAL』からはいわゆる“ジャズ”を超えた音作りに取り組み[2]、1977年発売のアルバム『渡辺貞夫リサイタル』では芸術祭大賞を受賞した。デイヴ・グルーシン等を従えて制作したフュージョン・アルバム『カリフォルニア・シャワー』(1978年)はジャズ界では空前の大ヒット作となり、フュージョン・サウンドをポピュラー音楽として広めることになった。「California Shower 」は同年の千葉真一主演テレビドラマ『十字路』にも劇中で流されており[3]、このドラマにはCMで渡辺と共演していた草刈正雄も出演していた。
アフリカ音楽等ワールド・ミュージックのエッセンスを逸早く吸収し、自身の音楽世界を創造して来た先見性は、目を見張るものがあった。そして、チャーリー・パーカーに影響された彼のアルト・サックス奏法は、現在まで変わることはない。 ジャズリズム完成の一因にアフリカ系アメリカ人が関係すること、渡辺貞夫のアルバムジャケットの背景でも登場するアフリカ。渡辺貞夫は挨拶でもスワヒリ語のJAMBO(ジャンボ)を使う。渡辺貞夫にとってアフリカは特別な存在である。
引用元:渡辺貞夫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E8%B2%9E%E5%A4%AB

日野 皓正(ひの てるまさ、1942年10月25日 – )は、ジャズ・トランペット(コルネット)奏者。東京都生まれ。2010年現在、アメリカ・ニューヨーク在住。血液型A型[1]。
父は、タップダンサーでトランペット奏者の日野敏。弟は、ジャズ・ドラマーの日野元彦。ベーシストの日野賢二は次男。 日野皓正クインテットでは、メンバーに新人を加え育てていくことでも有名。
引用元:日野皓正 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%87%8E%E7%9A%93%E6%AD%A3

山下 洋輔(やました ようすけ、1942年2月26日 – )は、日本のジャズピアニスト、作曲家、エッセイスト、作家である。ひじで鍵盤を鳴らす独自の奏法[要検証 – ノート]を交えながら演奏する。

人物[編集]
他分野への進出、コラボレーションにも積極的であり、『ジャズ大名』[1]『ファザーファッカー』『カンゾー先生』などの映画音楽を手がけている。またクラシックピアニスト、オーケストラ、和楽器楽隊とのフリーな競演や山下洋輔パンジャスイングオーケストラを組織するなどもしている。
独自の視点を生かした軽妙なエッセイや小説も執筆している。
筒井康隆とは互いの作品のファンであり、長年の交友関係をもつ。筒井関係のイベントでは必ずといっていいほどメインのメンバーで参加しており、筒井の短編小説集『ジャズ小説』文春文庫版解説も執筆した。また筒井経由で河野典生、かんべむさし、堀晃らのSF作家とも交友した。
タモリを発掘し、『ピアノ弾き乱入元年』等いくつかの著書で出会いの経緯や友誼が語られている。
落語好きでも知られ、「じゅげむじゅげむ五劫のすり切れ……」のリズムを使ったジャズ曲『寿限無』を作曲。また、春風亭小朝や柳家小三治らと、演奏と落語のかけ合いをしたこともある。
引用元:山下洋輔 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E6%B4%8B%E8%BC%94

類家 心平(るいけ しんぺい、1976年4月27日 – )は、日本のジャズミュージシャン、トランペット奏者、作曲家。青森県八戸市出身。青森県立八戸北高等学校卒。父は版画家の類家謙次郎。

来歴[編集]
小学4年生の時に実家にあった父のトランペットをいじるうちに魅力に取りつかれ、小中学校では吹奏楽部に入部。高校生時代にジャズトランペッター、マイルス・デイビスの音楽を聴いてトランペッターを志すようになる。その後、海上自衛隊の音楽隊に入隊。入隊直後の数ヶ月間は他の隊員と同様の団体行動の基本動作等の基本教練を受けた[1]。
6年間の自衛官生活の後に上京し、多くのミュージシャンとセッションするなどジャズをはじめ、ポップ、前衛、クラブなど、幅広く活動。2004年に6人組のジャズ系ジャムバンドurbのメンバーとしてメジャーデビュー。3枚のアルバムを発売した際には、J-JAZZのランキング1位を獲得した。
菊地成孔ファンでもあり、後に菊地成孔ダブ・セクステットやDCPRGで共演。2009年6月3日、自身のバンドSHINPEI RUIKE 4PIECE BANDとしてアルバム『Distorted Grace』を発売し、ソロデビュー。
引用元:類家心平 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A1%9E%E5%AE%B6%E5%BF%83%E5%B9%B3

南里 文雄(なんり ふみお、1910年11月24日 – 1975年8月4日)はジャズ・トランペット奏者で、ルイ・アームストロングに「日本のサッチモ」とあだ名が付けられた。彼は、彼の母国外で名声をはせるようになった、とりわけ初期の日本のジャズ・ミュージシャンの一人である。長年続いている日本のジャズの賞、「南里文雄賞」は、彼の名前に由来している。息子には、トランペット奏者の南里雄一郎がいる。
引用元:南里文雄 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E9%87%8C%E6%96%87%E9%9B%84

坂田 明(さかた あきら、1945年2月21日 – )は、日本のジャズサックス奏者、タレント、俳優。ミジンコ研究家としても知られている。
息子もミュージシャンで、元・バンド「Polaris」のドラム担当の坂田学。

ミジンコとの関わり[編集]
広島大学水畜産学部水産学科(現・生物生産学部)の卒業生であり、2003年には長年にわたるミジンコの研究・普及活動が認められ、日本プランクトン学会から特別表彰された。2007年には東京薬科大学生命科学部客員教授に就任した。[1]
タレントとしての坂田明[編集]
山下洋輔、赤塚不二夫、タモリらのお友達としても活躍[2]、ハナモゲラ語の元祖でもある[2]。1982年のセイコー腕時計「ハイブリッド」のテレビCMのユニークなパフォーマンスで一気に有名になった[2]。商品名をもじった「ハイブリッド人間」は、当時の流行語となり、その代表ともいわれた[2]。CMは1990年代にテイジン、2005年に、KINCHOのゴキブリ用殺虫剤「コックローチ」で輪島功一と共に学ラン姿で出演している。
引用元:坂田明 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E7%94%B0%E6%98%8E