第「43」部『水戸黄門』最終


TBSで放送された時代劇
『水戸黄門』は、2011年に
放送された「第◯◯部」を
もって終了した?
35
40
23
43(答)
28%


時代劇でおなじみの
水戸黄門は
徳川家康の何に当たる?
息子
孫(答)
いとこ
はとこ


次の俳優を
TVドラマ『水戸黄門』で
水戸黄門を演じた順に
選びなさい
東野英治郎
西村晃
佐野浅夫
石坂浩二
里見浩太朗


次のうち
TBSの時代劇『水戸黄門』で
「助さん」こと佐々木助三郎を
演じた俳優を全て選びなさい
山田純大
緒形拳
原田龍二(答)
杉良太郎(答)
里見浩太朗(答)
あおい輝彦(答)
岸本祐二(答)
田宮二郎
伊吹吾郎
合田雅吏
引用元:武田鉄矢『水戸黄門』BS-TBS http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/34566/

水戸黄門(みとこうもん)とは権中納言である江戸時代の水戸藩主・徳川光圀の別称かつ徳川光圀が隠居して日本各地を漫遊して行なった世直しを描いた創作物語の名称。嘗ては専ら『水戸黄門漫遊記』(みとこうもんまんゆうき)と呼ばれていた。
講談・歌舞伎・演劇・小説・映画・テレビドラマ・漫画・アニメ等において描かれている。

物語の背景[編集]
実在の水戸藩主である徳川光圀は、国史編纂(『大日本史』)の為に史局員の儒学者らを日本各地へ派遣して史料蒐集を行っているが、光圀自身は世子時代の鎌倉遊歴と藩主時代の江戸と国元の往復や領内巡検をしている程度で、諸国を漫遊したという記録は一切確認されていない。
光圀は同時代の伝記史料において名君として評されているが庶民の間でも知名度は高く、亡くなった時には「天が下 二つの宝つきはてぬ 佐渡の金山 水戸の黄門」という狂歌が流行った。水戸黄門漫遊譚の成立には、この様な名君としての評判や、幕末における水戸学の浸透が後の物語の形成に影響していると思われる。光圀の伝記資料としては、正伝である『義公行実』をはじめ『桃源遺事』『久夢日記』など様々なものがあり、宝暦年間にはこれらの伝記資料を基に実録小説である『水戸黄門仁徳録』が成立し、黄門漫遊譚の起源となっている。
また史実の光圀は、家臣の佐々十竹(佐々宗淳)らを各地へ派遣しており、彰考館総裁であった佐々と安積澹泊(あさかたんぱく、安積覚兵衛)の二人が、後の助さん・格さんのモデルと見られている。
引用元:水戸黄門 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%88%B8%E9%BB%84%E9%96%80

第43部[編集]

『水戸黄門 第43部』(みとこうもん だい43ぶ)は2011年7月4日から2011年12月12日までTBSで放送されたパナソニック ドラマシアターのドラマ。製作はC.A.L。全21話(通算1226回)。
ストーリー[編集]
将軍綱吉は老公に伊勢神宮へ名代として参拝するように依頼するが、実は道中で庶民の暮らし振りを見てきて欲しいというのが真の願いであった。 光圀一行は伊勢神宮を目指して東海道を西進する。

解説[編集]
地上デジタル放送では第42部の最終回で行った視覚障害者のための解説放送をこのシリーズから正式に開始した[8]。解説ナレーションは元TBSアナウンサーの松永邦久が担当する。
2011年7月24日正午に地上アナログ放送が終了するのに伴い、アナログ放送では2011年7月18日放送分の第3話が「水戸黄門」の全シリーズを通じて最後の本放送となった[9]。
このシリーズをもって、『水戸黄門』の放送が終了し、42年の歴史に幕を下ろした[10]。「水戸黄門」の終了を受け、里見浩太朗が2011年7月15日にTBS本社(東京・赤坂)で会見を行い、「ズバッと後ろから斬られた感じ。残念というよりも、痛い」と語った。この年は「3年B組金八先生」と「渡る世間は鬼ばかり」(2012年9月17日にただいま!!2週連続スペシャルを放送)も放送終了しTBSの長寿ドラマシリーズは同シリーズの終了と合わせ幕を閉じた。
助三郎役の東幹久、格之進役の的場浩司、楓役の雛形あきこ、将軍綱吉役の風間トオル、柳沢吉保役の石橋蓮司の最終シリーズである。
第43部最終回の翌週には、最終回(単発)スペシャルが放送された。
引用元:水戸黄門 (第39-43部) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%88%B8%E9%BB%84%E9%96%80_(%E7%AC%AC39-43%E9%83%A8)