阿部サダヲ「ミギー」


2015年公開の映画『寄生獣』で
主人公の右腕に寄生する
寄生生物「ミギー」を演じた
俳優は?
ムロツヨシ
阿部サダヲ(答)
八嶋智人
大泉洋
69%

『寄生獣』(きせいじゅう)は、岩明均の同名漫画を原作とする実写の日本映画。2部構成の作品であり、前編にあたる『寄生獣』は2014年11月29日に公開され、後編にあたる『寄生獣 完結編』(きせいじゅう かんけつへん)が2015年4月25日に公開された[2]。監督は山崎貴、主演は染谷将太。脚本を山崎貴と古沢良太が共同で手がけ、深津絵里、橋本愛らが出演。

概要[編集]
人間の頭部を乗っ取り、その肉体を支配しながら他の人間を捕食する新種の寄生生物「パラサイト」が出現した現代日本を舞台に、脳への乗っ取りを免れた主人公がパラサイトと共生し、他の人間に対して正体を隠しながらもパラサイトとの戦いに巻き込まれていくという骨子は原作を踏襲するが、幾つもの場面でエピソードの順序やその因果関係が変更されるなど、展開には手が加えられている。例えば完結編の中盤では、「田宮良子」と倉森、新一が動物園[注釈 1]で対峙する場面と、市庁舎でのパラサイト殲滅作戦という、原作では別々の時期の出来事として描かれていたエピソードが交互に場面を映す形で同時進行するが、これは離れた場面の出来事を表裏一体として描くことで、「田宮良子」が語る内容に説得力を持たせることを意図した変更であるという[3][4]。
前編は映画としてのエンターテインメント性に重きが置かれ[5]、主人公が極限状態を経験することで狂気と覚悟の狭間で変貌していく姿に焦点を当てた物語が描かれる[6]。完結編ではテーマ性やドラマに重きが置かれ[5]、物語はパラサイトと人間の群像劇という方向にシフトし[6]、パラサイトよりも人間の方がより危険な存在であることが浮き彫りになっていくような展開となる[5]。
後編のクライマックスにおいて登場するあるものについて、原作では不法投棄された産業廃棄物だったのに対し映画版では放射性廃棄物に変えられており、このことについて描写から招きかねない放射性物質への誤認と、被災地の瓦礫受け入れへの風評被害の懸念についてTwitterをはじめ疑問の声が挙がった[7]。

泉 新一(いずみ しんいち)
演 – 染谷将太
主人公。実写映画版では母子家庭で、美術部員という設定に変更されており、部活では母親をモデルにした油絵を描いている[注釈 4]。実写映画版ではアップル社のノートパソコンや携帯端末を愛用する描写がされており[注釈 5]、物語冒頭でもiPhoneで音楽を聴くためにヘッドフォンをしていたことから、ミギーが脳へ侵入することを免れる。
原作同様、前編の中盤で即死状態から蘇生した際にミギーの細胞を取り込み、超人的な身体能力の獲得と精神的な変化を経験するが[14]、本作の脚本を担当した古沢は、新一の精神面の変貌はパラサイトとの融合による変化以上に、そのような立場に置かれたことによる心理的な変化として解釈したという[6]。完結編開始前には、寄生生物への憎悪に駆られてパラサイトネットワークに所属するパラサイトを手当たり次第に殺害しており、冒頭では原作で加奈を殺害したパラサイトを殺した時と同様の方法で倒している。

ミギー
声・パフォーマンスキャプチャー – 阿部サダヲ
主人公の右手に寄生したパラサイト。実写映画版では監督の方針により、ミギーは可愛らしく[15]、新一との会話は面白おかしさを出す方向で演出されており[16]、陽気でおしゃべりな[16]コメディーリリーフとして描かれている[8]。監督の山崎は、実写映画化に対して原作者から「ユーモアの部分を大事にして欲しい」という旨の要望があったと聞かされており[10][17]、そのような演技のできる人物像を山崎なりに解釈した結果、ミギー役に阿部サダヲを起用することを決めたとしている[17]。
実写映画版では、劇中に登場する寄生生物の中では戦闘能力の低い個体であり、「島田秀雄」と交戦した際に一度切り落とされる(すぐに自ら再結合している)等、不覚を取っている。新一の学校の剣道部や弓道部の練習を見学して戦い方を覚えたという描写になっており、島田秀雄にとどめを刺す場面では弓状に変形している。原作同様に新一が図書館で借りた本も読むが、テレビアニメ版同様にパソコンやインターネットも使って調べ物もする。ミギーが無期限の眠りについた理由が設定されており、「後藤」との戦いで放射性物質が大量に付着した鉄の棒を直に触り、被曝した新一の身体を治療する為に再びミギーの細胞の大部分を使った結果、ミギーとしての形を保つことが困難になった為に眠りにつかなければならなくなった、という経緯に変更されている。
引用元:寄生獣 (映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%84%E7%94%9F%E7%8D%A3_(%E6%98%A0%E7%94%BB)