「大友組」加瀬亮、椎名桔平


次のうち、映画『アウトレイジ』
で、主人公・大友が所属する
大友組の構成員を演じた俳優を
1つ選びなさい
加瀬亮(答)
北村総一朗
杉本哲太
小日向文世
中野英雄
椎名桔平(答)
石橋蓮司
ビートたけし(答)
50%

『アウトレイジ』(Outrage) は、2010年6月12日に公開された日本映画。北野武の15本目の監督作品。
キャッチコピーは「全員悪人」「下剋上、生き残りゲーム」。
過激なバイオレンスシーンや拷問シーンが数多く含まれるため、映倫でR15+指定を受けた。

大友組[編集]
池元組の傘下(山王会の三次団体)で、規模こそ小さいものの武闘派の組織。
大友 – ビートたけし
山王会池元組内大友組組長。
池元から厄介な仕事ばかりを押し付けられるが、これを愚直に従う昭和の任侠精神を持つ生粋の武闘派。直接的な殺害数が最も多い。しかし、抗争が激化してくると組員に逃げるよう促すなど、部下想いな面もある。作中では自分で手を下したくない池元によって村瀬組を締める役目を押し付けられる。自ら率先して動き、2度にわたる村瀬組との抗争では、村瀬に直接手を下している。

水野 – 椎名桔平
山王会池元組内大友組若頭。
組長同様の武闘派で、失態を犯した部下に対しても容赦無く暴力を振るうが、大友には強い忠誠心を持つ。命令には決して背かず、池元に対しても身だしなみも整えて接する。村瀬組との抗争でも先陣を切って動き、復讐に来た木村の部下を射殺し、木村を返り討ちにしたほか、麻薬の売人などを締め上げなども率先して行っている。石原とともに、グバナン大使に闇カジノの経営を強制させたりと、重要任務もこなす。また、大友が2回も警察に逮捕された時や、村瀬殺しが問題で大友が指を詰め、関内に謝罪にいく際も同行していた。

石原 – 加瀬亮
山王会池元組内大友組組員。金庫番。
大友・水野とは対照的な現代ヤクザで、英語を流暢に話したり、頭脳を武器とする。旧態依然としたヤクザを馬鹿にしており、自身の上の地位に当たる人間たちも愚かしく思っている。このため、たびたび殴ってくる水野に怒りを覚え嫌っている。
引用元:アウトレイジ (2010年の映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B8_(2010%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)