『Blowin’ the Blues Away』


次の文字列を順に選んで
ジャズピアニスト
ホレス・シルヴァーの
代表曲のタイトルにしなさい
Blowin’
the
Blues
Away
21%

cimg8503djn2jpzrkr5m
次のジャズミュージシャンを
主に演奏した楽譜ごとに
グループ分けしなさい

サックスドラム
アート・ブレイキー
チャーリー・パーカー
ソニー・ロリンズ

タイピング
「ジャズ・メッセンジャーズ」を率いていたジャズの名ドラマーといえばアート・◯◯◯◯◯?
ブレイキー(答)

並べ替え
ジャズ・メッセンジャーズを率い「モーニン」などの名曲を残したアメリカのジャズドラマーはアート・○○○○○?
ブレイキー(答)
引用元:ディジー・ガレスピー『チュニジアの夜』『マンテカ』 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/30419/

ホレス・シルヴァー(Horace Silver, 本名:Horace Ward Martin Tavares Silva, 1928年9月2日 – 2014年6月18日)はコネチカット州ノーウォーク出身のジャズ・ピアニストで、ファンキー・ジャズの代表的なアーティスト。特色のあるファンキーなプレイスタイルで知られ、ハード・バップの発展に寄与する。
彼はゴスペル音楽やアフリカ音楽、ラテン音楽等幅広い音楽のスタイルに影響されている。

バイオグラフィ[編集]
アフリカ系ポルトガル人の系譜でカーボベルデ人の父にアイルランド人とアフリカの混血の母を持つカーボベルデ系アメリカ人の出身である。
初期はサックス奏者であったが、後にピアノに切り替える。バド・パウエルに強く影響を受けた。コネチカット州ハートフォードのクラブでスタン・ゲッツと出会う。ニューヨークに移りアート・ブレイキーと組む。
1952年と1953年に自己のトリオにブレイキー等を加えたセッションを録音する。ブレイキーとの共演は4年間も続き、この間に名トランペッター、クリフォード・ブラウンを含めたカルテットで”A Night at Birdland”をバードランドにて録音。
1956年にはブレイキーから離れ、自己のハード・バップ・クインテットを作る。ブルー・ノート・レコードに”Song For My Father”等多くのアルバムを残す。この時代に日本への印象を描いた”The Tokyo Blues”を発表している。
引用元:ホレス・シルヴァー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC

Blowin’ the Blues Away is an album by jazz pianist Horace Silver, released on the Blue Note label in 1959 featuring performances by Silver with Blue Mitchell, Junior Cook, Gene Taylor, and Louis Hayes.[5]

Reception[edit]
The Allmusic review by Steve Huey awarded the album 4½ stars and states “Blowin’ the Blues Away is one of Horace Silver’s all-time Blue Note classics… one of Silver’s finest albums, and it’s virtually impossible to dislike”.[6]
引用元:新規投稿を追加 ‹ わかればいいのに I wish I knew — WordPress http://seethefun.net/wp-admin/post-new.php