しばじゃく芝雀



2010年に紫綬褒章を受賞した
歌舞伎役者は「中村◯◯七世」?
芝雀
しばじゃく(答)
33%


歌舞伎役者の名前に由来する薄茶色の一種
芝翫茶
しかんちゃ(答)


黒みがかった赤茶色の
ことです
葡萄茶
えびちゃ

中村 芝雀(なかむら しばじゃく)は、歌舞伎役者の名跡。屋号は初代が新駒屋、二代目以降が京屋。定紋は京屋結び、替紋は向い雀。「中村雀右衛門」に先立って襲名されることが多い名跡である。
引用元:中村芝雀 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E8%8A%9D%E9%9B%80

五代目 中村 雀右衛門(ごだいめ なかむら じゃくえもん、1955年(昭和30年)11月20日 – )は、歌舞伎役者。中村雀右衛門の当代である。屋号は京屋。定紋は京屋結び、替紋は向い雀。

屋号 京屋
定紋 京屋結び
生年月日 1955年11月20日(61歳)
本名 青木 貞幸
襲名歴 1. 初代大谷廣松
2. 七代目中村芝雀
3. 五代目中村雀右衛門
別名 藤間亀三郎
出身地 東京都
父 四代目中村雀右衛門
母 青木晃子(七代目松本幸四郎の娘)
兄弟 八代目大谷友右衛門 (兄)
引用元:中村雀右衛門 (5代目) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E9%9B%80%E5%8F%B3%E8%A1%9B%E9%96%80_(5%E4%BB%A3%E7%9B%AE)

芝翫茶 (しかんちゃ・しくわんちや)とは、江戸時代の流行色の1つ。ややくすんだ赤褐色。
歌舞伎役者の3代目中村歌右衛門が好んだ色として江戸後期に流行し、彼の俳名である「芝翫」から名付けられた。
引用元:芝翫茶 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%9D%E7%BF%AB%E8%8C%B6

葡萄色(えびいろ)は、山葡萄の実のような赤紫。また葡萄色(ぶどういろ)は、ブドウの実のような赤紫。鉄道のぶどう色についても本項で詳述。

概要[編集]
葡萄色
えびいろ

葡萄色(えびいろ)とは、やや紫を帯びた暗い赤である。葡萄酒の色をさす英語の色名ワインレッド(wine-red)の色に近い。 名前の由来はエビカズラ(山葡萄)からだが、伊勢海老の甲羅の色に由来する海老色(蝦色)という色が別にあった。 しかし、両者の色が近いことと葡萄(えび)と海老(えび)と音が通じるため、後に混同された。
引用元:葡萄色 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%A1%E8%90%84%E8%89%B2