ピエトロ・マスカーニ『カバレリア・ルスティカーナ』


代表作にオペラ『カバレリア・
ルスティカーナ』がある
イタリアの作曲家は
ピエトロ・◯◯◯◯◯?
クンキドニ
マセナキス
グスカレフ
マスカーニ(答)
26%

008RSAKVcBIXx
シチリアの村を舞台にした
イタリアの作曲家マスカーニ
のオペラは『カバレリア・
◯◯◯◯◯◯◯』?
カルーティスナ
ルスティカーナ(答)
『カバレリア・ルスティカーナ』
Cavalleria Rusticana
引用元:『カバレリア・ルスティカーナ』 マスカーニのオペラ http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/2583/


19世紀にイタリアで流行した
現実生活を題材とした歌劇
ヴェリズモ(答)
verismo


『われ、もし王者なりせば』
『カルメン』
『ホフマン物語』
語りの台詞の入ったオペラ
ヴェリズモ・オペラ
オペラ・セリア
オペラ・ブッファ
オペラ・コミーク(答)


『道化師』
『カヴァレリア・ルスティカーナ』
『トゥーランドット』
19世紀から20世紀初期に流行
ヴェリズモ・オペラ(答)
引用元:オペラ・コミーク『われ、もし王者なりせば』 『カルメン』 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/34876/


この題名のオペラで有名な
イタリアの作曲家は?
(道化師・クラウンの画像)
レカルロオンヴァ
レオンカヴァルロ(答)
引用元:「ウラジミール・ホロヴィッツ」義父はトスカニーニ http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/33555/

ピエトロ・マスカーニ(Pietro Mascagni, 1863年12月7日リヴォルノ – 1945年8月2日ローマ)は、イタリアのオペラ作曲家、指揮者。

1890年にローマの楽譜出版社ソンゾーニョ(Musicale Sonzogno)の一幕歌劇コンクールに応募して当選した代表作『カヴァレリア・ルスティカーナ』によって驚異的な成功を収めるが、不幸にもこれがその後の多くの作品を霞めてしまった。それでも15曲のオペラと1曲のオペレッタ、いくつかの美しい管弦楽曲や声楽曲、歌曲、ピアノ曲を残した。1895年にはペーザロのロッシーニ音楽院院長に就任。
存命中は、オペラで驚くほどの成功をおさめ、同時に指揮者としても非常に成功を収めた。マスカーニの作風は、友人でライバルだったプッチーニとは大変に異なっている。おそらくそのために評論家筋からマスカーニ作品は過小評価されてきたのだろう。
ファシスト党政権が誕生すると、スカラ座監督の座を狙ってムッソリーニに接近。このため、第二次世界大戦でイタリアが降伏した後、全財産を没収され、ローマのホテルで寂しく生涯を閉じた。遺体はローマに葬られたが、1951年に故郷のリヴォルノに再埋葬され、それと共に名誉回復された。
彼がいくつか残した自作自演(『カヴァレリア・ルスティカーナ』、『友人フリッツ』など)は、現在もCDで入手することができるほど評価が高い。
引用元:ピエトロ・マスカーニ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8B

『カヴァレリア・ルスティカーナ』(イタリア語: Cavalleria Rusticana)は、イタリアの小説家、ジョヴァンニ・ヴェルガによる小説(1880年出版)、同人による戯曲(1884年初演)、およびピエトロ・マスカーニが同戯曲に基づいて作曲した1幕物のオペラ(1890年初演)。題名は「田舎の騎士道」といった意味である。今日、特にイタリア語圏以外では最後のオペラ作品が有名となっており、本項でもオペラを中心に記述する。
ヴェルガの出身地シチリアの山間部を舞台として、貧しい人々の暮らし、三角関係のもつれから起きる決闘と殺人を描いたこの小説は、イタリアにおけるヴェリズモ(リアリズム文芸運動)の典型的作品とされている。
一方、マスカーニのオペラは1890年に完成し、楽譜出版社ソンゾーニョ社主催の1幕物オペラ・コンクールで圧倒的な支持を受けて優勝、マスカーニはたちまちオペラ界の寵児となった。また、このオペラはヴェリズモ・オペラ形式の端緒をなすものとされる。
引用元:カヴァレリア・ルスティカーナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8A

ヴェリズモ・オペラ(verismo opera)は、1890年代から20世紀初頭にかけてのイタリア・オペラの新傾向である。同時代のヴェリズモ文学に影響を受け、内容的には市井の人々の日常生活、残酷な暴力などの描写を多用すること、音楽的には声楽技巧を廃した直接的な感情表現に重きを置き、重厚なオーケストレーションを駆使することをその特徴とする。
そうした傾向をもっともよく示す作品として今日も上演機会が多いオペラとしては、ピエトロ・マスカーニ『カヴァレリア・ルスティカーナ』(初演1890年)、ルッジェーロ・レオンカヴァッロ『道化師』(同1892年)などがある。時には、同時代に作曲されたウンベルト・ジョルダーノ『アンドレア・シェニエ』(同1896年)やジャコモ・プッチーニ『トスカ』(同1900年)など、同時代の庶民生活を題材とせず、歴史上あるいは架空の人物を主人公とするオペラも、その激しい感情表出に着目した場合「ヴェリズモ・オペラ」の範疇に含めて論じられることもある。
引用元:ヴェリズモ・オペラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A2%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9

ヴェリズモ(伊verismo )は、日本語で真実主義あるいは現実主義とでも訳されるべき一種のリアリズム運動で、19世紀末から20世紀初頭にかけてイタリア散文文学で隆盛した新傾向のことである。はじめ1870年代末に小説の新思潮として現れ、やがてその指し示す意味を変化させつつ、演劇そしてオペラへと影響が拡大していった。
その傾向をもっともよく表す作品として今日にも名を残すのは、ジョヴァンニ・ヴェルガの小説『カヴァレリア・ルスティカーナ』である。
引用元:ヴェリズモ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A2


荒涼たる風土.原始的本能のままに生きる人間.斬新な目で故郷シチリアを捉え直し,社会の底辺であえぐ人びとを,その人間的な優しさを,酷薄なまでに簡潔な文体で描いたヴェルガ.「事実を示し,事実に真実を語らせる」という彼の文学は,ヴェリズモ(真実主義)と呼ばれている.「田舎流騎士道」の意の表題作など傑作十二篇.
引用元:カヴァレリーア・ルスティカーナ – 岩波書店 https://www.iwanami.co.jp/book/b248341.html