かんちくゆり「寒竹ゆり」


映画『DOCUMENTARY of AKB48』
第1作の監督を務めました
寒竹ゆり
かんちくゆり(答)
35%


精神科医と予備校生の恋
市原隼人主演で映画化
ヒロイン役は小西真奈美
村山由佳のデビュー作
天使の卵(答)

連想
押井守監督作品
根津勘八が出演 
1985年に劇場公開
難解な内容のため大コケ
天使のたまご(答)

寒竹 ゆり(かんちく ゆり、1982年[1] – )は、日本の映画監督、脚本家。東京都出身[1]。「ケランハンパン」で第23回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞受賞[2]。
2006年、日本大学藝術学部映画学科脚本コース卒業[要出典]。在学中から岩井俊二監督に師事し、2004年にラジオドラマ『ラッセ・ハルストレムがうまく言えない』で脚本家デビューした[1]。
2009年、佐々木希の初主演映画『天使の恋』で初めて長編映画を監督[1]。
引用元:寒竹ゆり – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%92%E7%AB%B9%E3%82%86%E3%82%8A

『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』(ドキュメンタリー オブ エーケービーフォーティエイト トゥ ビー コンティニュード じゅうねんご しょうじょたちはいまのじぶんになにをおもうのだろう?)は、2011年の日本のドキュメンタリー映画。

概要[編集]
日本の女性アイドルグループ・AKB48の2010年の1年間にスポットを当てたドキュメンタリー映画。キャッチコピーは「AKB48の現在、そして未来をも描きだすドキュメンタリーが、今あなたの元へ!」。
映画監督の岩井俊二が製作総指揮を担当し、オーディオドラマ『ラッセ・ハルストレムがうまく言えない』で、岩井の下で脚本家デビューした寒竹ゆりが、2009年の『天使の恋』に続く2作目の劇場用映画監督をしている。収録には1000本以上ものテープが使用されたとのこと。
チームA、チームK、チームBの3チームのメンバーチェンジ、前田敦子から大島優子へのセンター交代劇があったAKB48 17thシングル選抜総選挙、AKB48劇場5周年記念公演等といった激動に満ちた活動とその舞台裏に密着し、さらに前田敦子、大島優子、渡辺麻友、柏木由紀、高橋みなみら選抜メンバー計15人が率直に思いを語るインタビューで構成された。
引用元:DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう? – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/DOCUMENTARY_of_AKB48_to_be_continued_10%E5%B9%B4%E5%BE%8C%E3%80%81%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AF%E4%BB%8A%E3%81%AE%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AB%E4%BD%95%E3%82%92%E6%80%9D%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%A0%E3%82%8D%E3%81%86%3F