グリザベラ


ミュージカル『CATS』の中で
名曲『メモリー』を歌う猫は
◯◯◯◯◯? ◯を答えなさい
グリザベラ(答)
39%

101qOXoWjAWBK
次の文字列を順に選んで
ミュージカル『キャッツ』
に登場する猫の名前にしなさい
ラム
タム
タガー
「ラム・タム・タガー」
RumTumTugger
引用元:「ラム・タム・タガー」『キャッツ』に登場する猫 「タガー連れ去り席」客席女性を連れて舞台でダンス http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/6286/

グリザベラ
若い頃は名の知れた娼婦だったが、今では年老いて、老醜と孤独の中で生きている雌猫。
グリザベラが歌う悲哀に満ちた「メモリー」は、『キャッツ』の感動を永遠の記憶へと昇華させます。
引用元:キャラクター|『キャッツ』作品紹介|劇団四季 https://www.shiki.jp/applause/cats/character/

『キャッツ』(Cats)は、T・S・エリオットによる詩集「キャッツ – ポッサムおじさんの猫とつき合う法」(The Old Possum’s Book of Practical Cats)を元にしたミュージカル。アンドリュー・ロイド=ウェバーが作曲を手掛けた。世界で興行が最も成功したミュージカル作品のひとつである。
マンカストラップ、ラム・タム・タガーといった個性的な猫たちが都会のごみ捨て場を舞台に、踊りと歌を繰り広げる。人間が一切出てこない型破りの演出と振付が特徴となっている。ニューヨークでの連続上演回数は、2006年1月9日に『オペラ座の怪人』に抜かれるまでブロードウェイでのロングラン公演記録であった。その他、いくつかの国での公演もされている。
2016年、トム・フーパーの監督により長編映画化が決定している[1]。

日本での公演[編集]
日本では劇団四季によって1983年に東京都新宿の仮設劇場であるキャッツ・シアターで初演された。このキャッツ・シアターは日本初のミュージカル公演用の仮設劇場であった。振り付けは山田卓が手がける。
以降、順に大阪、東京、名古屋、福岡、札幌、大阪、東京、札幌、福岡、名古屋、大阪、静岡、広島、仙台、東京と全国で上演され続け、25年間で上演回数は7000回(2008年6月27日)を超え、観客動員数は750万人以上に達している。国内のミュージカル上演回数として最多記録を更新中である。また、2007年9月8日に同一公演地(東京・五反田/大崎)での公演回数1000回を突破。2009年11月からは横浜・みなとみらいで公演されることが発表された。2010年4月25日夜公演をもって、ブロードウェイ記録である7485回を抜き、7486回の公演を達成した。横浜公演は2012年11月に千秋楽を迎え、翌12月より2013年の3月にかけて再び広島で公演された。その後、東日本大震災前から予定されていて、ホールの被災により延期されていた仙台での公演が2013年4月から行われている。
上演地にあるプロスポーツチームにとっては『劇団四季のキャッツによる御利益』でプロ野球ではAクラス入り、Jリーグ1部では年間王者、2部ではJ1昇格、3部ではJ2昇格、Jリーグ全体では天皇杯優勝、なでしこリーグ1部では年間王者、なでしこリーグ2部では1部昇格、チャレンジリーグではなでしこ2部昇格、なでしこリーグ全体では皇后杯優勝という効果をもたらしている。
引用元:キャッツ (ミュージカル) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%84_(%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB)

『キャッツ – ポッサムおじさんの猫とつき合う法』(The Old Possum’s Book of Practical Cats )は、イギリスの詩人T・S・エリオットによる子供向けの詩集である。1939年に発表された。ポッサムおじさんとは、エズラ・パウンドが彼につけたあだ名であり、それにちなんでタイトルがつけられた。
ポッサムはオポッサムのことであり、死んだ振りをすることから「臆病者」という意味がある。エリオットはパウンドの詩に“Possum”という渾名で登場することが多い。
引用元:キャッツ – ポッサムおじさんの猫とつき合う法 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%84_-_%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%81%8A%E3%81%98%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E7%8C%AB%E3%81%A8%E3%81%A4%E3%81%8D%E5%90%88%E3%81%86%E6%B3%95

トマス・スターンズ・エリオット(英: Thomas Stearns Eliot、1888年9月26日 – 1965年1月4日)は、イギリスの詩人、劇作家で文芸批評家である。代表作には、5部からなる長詩『荒地』(The Waste Land、1922年)、詩劇『寺院の殺人』(Murder in the Cathedral、1935年)、詩劇論『詩と劇』(Poetry and Drama、1951年)などがある。

>その他[編集]
1939年、児童向けの詩 『キャッツ – ポッサムおじさんの猫とつき合う法』を発表した。ポッサムおじさんは、エズラ・パウンドがエリオットにつけたあだ名である。エリオット没後に、ウエスト・エンドとブロードウェイにおけるアンドリュー・ロイド・ウェバーのミュージカル『キャッツ』の原作となった。
引用元:T・S・エリオット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/T%E3%83%BBS%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88

ジョージ・エリオット(George Eliot、1819年11月22日 – 1880年12月22日)は、イギリスの作家。本名はメアリー・アン・エヴァンズ(Mary Anne Evans、マリアン Marian ないしメアリ・アン Mary Annとも)。ヴィクトリア朝を代表する作家の一人で、心理的洞察と写実性に優れた作品を発表した。『アダム・ビード』『サイラス・マーナー』『ミドルマーチ』などの作品で知られており、特に『ミドルマーチ』は後世のヴァージニア・ウルフによって賞賛され、マーティン・エイミスやジュリアン・バーンズによって英語で書かれた最高の小説のひとつに数えられている[1][2]。

帰国後の1850年、以前から寄稿していた『ウェストミンスター・レビュー』の副主筆となり、ロンドンに移り住む。同地でハーバート・スペンサーと知り合い、彼の紹介で翌年に哲学者ジョージ・ヘンリー・ルーイス(英語版)を知り彼と恋愛関係になる。ルーイスは妻子のある身であったが、この関係はルーイスが死去するまで20年間続いた。1854年、フォイエルバッハの『キリスト教の本質』を翻訳出版、同時期に事実上のハネムーンとなるドイツ旅行をルーイスと行う。1857年、ルーイスの名を借りた男性名の筆名「ジョージ・エリオット」を用い、『ブラックウッズ・マガジン』に最初の小説である「エイモス・バートン」を発表。さらに続編を書き同年に『牧師館物語』としてまとめ出版する。1859年に初の長編『アダム・ビード』を発表。以後、無実の罪を着せられた絶望から貯蓄だけが楽しみとなった職工が、孤児の養育を通じて心を洗われていくさまを描いた『サイラス・マーナー』(1861年)、サヴォナローラ時代のイタリアを舞台とした『ロモラ』(1862年)、複数の家庭のドラマを錯綜させ地方都市の生態を描き出した大作『ミドルマーチ』(1871-72年)など、一作ごとに文名を高めていった。
引用元:ジョージ・エリオット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88