高島礼子『ショムニ(映画)』


1998年に公開された映画
『ショムニ』で、主人公の
坪井千夏を演じた女優は?
財前直美
広末涼子
高島礼子(答)
江角マキコ
31%

『ショムニ』は、1998年からフジテレビ系で放送されたテレビドラマシリーズ。原作は安田弘之作の同名コミック『ショムニ』。ドラマが始まった同年に高島礼子主演で映画化もされた。原作と映画については『ショムニ』を参照のこと。ここでは、江角マキコ主演のテレビドラマの『ショムニ』のみを扱う。

放送概要[編集]
連続ドラマのスタートは1998年4月15日。放送が始まるや否や高視聴率を獲得し、世間の話題をさらった。同年10月7日には2時間のスペシャル第1弾、2000年1月2日(正月)には「新春ドラマスペシャル」としてスペシャル第2弾が放送された。また、同年4月12日からは連続ドラマの第2シリーズが放送、2002年7月3日から最後の連続ドラマとの位置付けをした第3シリーズ(番組タイトルは『ショムニFINAL(ショムニファイナル)』)が放送され、2003年1月1日(正月)に『ショムニFOREVER(ショムニフォーエバー)』としてスペシャル第3弾が放送され一旦完結。その後、2013年7月10日から江角とFINALから出演している升毅以外の出演者を一新し、第4シリーズ(番組タイトルは『ショムニ2013(ショムニにいまるいちさん)』)が放送された。
名実ともに、江角マキコの代表作となった。
引用元:ショムニ (テレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%A0%E3%83%8B_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

『ショムニ』は、安田弘之作の漫画、および同作を原作としたテレビドラマ、劇場映画。

概要[編集]
講談社の『モーニング』で公募最優秀作として読みきり掲載され、大きな反響を得て長期連載された。現在は、単行本化・文庫本化されている。単行本全7巻、文庫本全3巻。とある商事会社にある、落ちこぼれ社員が集められた「庶務二課」(略称「ショムニ」、これがタイトルの由来)に勤めるOLたちの人間模様を描いたコメディ。
1998年より江角マキコ主演でフジテレビにてドラマ化された。また同年、遠藤久美子と高島礼子の主演で映画化された。映画版は比較的原作に忠実だが、ドラマ版はストーリー展開や登場人物の役名・キャラクター設定などに大幅な変更が加えられている。また、一話完結形式である。ドラマ版の詳細は『ショムニ (テレビドラマ)』を参照。
2013年現在、版権は講談社からメディアファクトリーに移っている(テレビドラマ『ショムニ2013』公式サイトより)。

映画[編集]

劇場映画版は1998年11月28日に全国松竹系で公開。テレビドラマ版と関連のない映画オリジナル版であり、内容はむしろ漫画に近く、劇中での時間経過は2日間である。松竹の単独製作であり、テレビドラマ版を制作したフジテレビは関与していない。主役の坪井千夏役は、当初はテレビドラマ版と同様に江角マキコを予定していたが、映画版の製作決定自体が急だったためスケジュール上の折い合いがつかず、高島礼子が主演となった。内容は原作に忠実だったものの、ヒットしたテレビドラマ版の要素が無かったため、一般には受けが悪く、この年公開された日本映画の人気投票では、下から数えた方が早い程の低人気で終わった。映画雑誌『キネマ旬報』の1999年1月上旬号では同じフジテレビのドラマの映画化でありながら、大ヒットした東宝系の『踊る大捜査線 THE MOVIE』に対して、なぜヒットしなかったかを比較する記事が掲載されたほどであった。
引用元:ショムニ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%A0%E3%83%8B

会社のハキダメと噂される庶務二課、通称・ショムニに、一日へプルとして配属になった地味なOLの一夜の受難と成長を描いたコメディ。監督は「新居酒屋ゆうれい」の渡邊孝好。安田弘之の同名コミックを基に、「香港大夜総会/タッチ&マギー」の一色伸幸が脚色。撮影を「らせん」の渡部眞が担当している。主演は、「いさなのうみ」の遠藤久美子と「新生トイレの花子さん」の高島礼子。
引用元:ショムニ | 映画-Movie Walker http://movie.walkerplus.com/mv30766/