生駒里奈、西野七瀬、生田絵梨花


次の乃木坂46のメンバーを
シングル曲で初めてセンターを
務めたのが早い順に選びなさい
生駒里奈『ぐるぐるカーテン』1st
白石麻衣『ガールズルール』6th
堀未央奈『バレッタ』7th
西野七瀬『気づいたら片想い』8th
生田絵梨花『何度目の青空か?』10th
44%

乃木坂46(のぎざか フォーティーシックス、Nogizaka46)は、日本の女性アイドルグループである。秋元康のプロデュースにより、2011年8月21日に誕生した[1]。

>グループ名・乃木坂46の「乃木坂」は、レーベル会社のソニー・ミュージックエンタテインメント (SME) が所有する東京都港区赤坂の「SME乃木坂ビル」を由来とする[3]。同ビルは乃木坂46の最終オーディション会場として使用されたが[3]、乃木坂46のマネジメント会社である乃木坂46合同会社(乃木坂46LLC)の登記上の本店は[4]、SME本社が入居する「SME六番町ビル」(千代田区六番町4番地5)に所在する[5]。当初、ソニーは「六番町」というグループ名を提案していたが、秋元康が「乃木坂」を提案し、議論の結果「乃木坂」に決定した[6]。乃木坂46の「46」という数字はAKB48より人数が少なくても負けないという意気込みを込めて総合プロデューサーの秋元康が命名した[3]。乃木坂48と呼び間違えられやすい[7]。
引用元:乃木坂46 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%83%E6%9C%A8%E5%9D%8246

乃木坂46の過去シングルおよび歴代センターを並べてみました。全シングルの動画(Short Ver.)も追加。 更新日: 2017年07月28日

引用元:乃木坂46シングル&歴代センター&動画~生駒・白石・堀・西野・生田・深川・齋藤・橋本・大園・与田~ – NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2141701725898505401

「ぐるぐるカーテン」は、日本の女性アイドルグループ乃木坂46の楽曲。楽曲は秋元康が作詞、黒須克彦が作曲した。2012年2月22日に乃木坂46のデビューシングルとしてSony Recordsから発売された。楽曲のセンターポジションは生駒里奈が務めた[9]。
引用元:ぐるぐるカーテン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%90%E3%82%8B%E3%81%90%E3%82%8B%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%B3

「ガールズルール」は、日本の女性アイドルグループ乃木坂46の楽曲。楽曲は秋元康が作詞、後藤康二が作曲した。2013年7月3日に乃木坂46の6作目のシングルとしてN46Div.から発売された。楽曲のセンターポジションは白石麻衣が務めた[10]。
引用元:ガールズルール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB

「バレッタ」は、日本の女性アイドルグループ乃木坂46の楽曲。楽曲は秋元康が作詞、サイトウヨシヒロが作曲した。2013年11月27日に乃木坂46の7作目のシングルとしてN46Div.から発売された[11]。バレッタとは、装飾を施した土台に金属製の髪を留める金具が付けられた髪留めの一種。楽曲のセンターポジションは堀未央奈が務めた[11]。
引用元:バレッタ (乃木坂46の曲) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%BF_(%E4%B9%83%E6%9C%A8%E5%9D%8246%E3%81%AE%E6%9B%B2)

「気づいたら片想い」(きづいたらかたおもい)は、日本の女性アイドルグループ乃木坂46の楽曲。楽曲は秋元康が作詞、Akira Sunsetが作曲した。2014年4月2日に乃木坂46の8作目のシングルとしてN46Div.から発売された[12]。楽曲のセンターポジションは西野七瀬が務めた[13]。
引用元:気づいたら片想い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E3%81%A5%E3%81%84%E3%81%9F%E3%82%89%E7%89%87%E6%83%B3%E3%81%84

「何度目の青空か?」(なんどめのあおぞらか)は、日本の女性アイドルグループ乃木坂46の楽曲。楽曲は秋元康が作詞、川浦正大が作曲した。2014年10月8日に乃木坂46の10作目のシングルとしてN46Div.から発売された[15]。楽曲のセンターポジションは生田絵梨花が務めた[15]。
引用元:何度目の青空か? – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%95%E5%BA%A6%E7%9B%AE%E3%81%AE%E9%9D%92%E7%A9%BA%E3%81%8B%3F