『ベン・ケーシー』50.6%視聴率


これまで日本で放送された
海外のTVドラマのうち
50.6%という最高視聴率の
記録をもっている番組は?
『ベン・ケーシー』(答)
『逃亡者』
『0011ナポレオン・ソロ』
『コンバット!』
52%

CIMG2780

ボクシングのTV中継で最高視聴
率を記録した試合である、1978年
にTBSで放映された具志堅用高
の5度目の防衛戦の対戦相手は?
ハメ・オスリイ
ハイメ・リオス(答)
Jaime Rios
引用元:「ダド・マリノ」白井義男が勝利し日本人初世界王者へ「パスカル・ペレス」白井義男が敗れ引退へ 「ハイメ・リオス」高視聴率を記録した具志堅用高の防衛戦相手 http://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/14966/

『ベン・ケーシー』(Ben Casey)は、1961年から1966年まで放送されたアメリカのテレビドラマ。総合病院の脳神経外科に勤務する青年医師ベン・ケーシーを主人公に、病院内での医者と患者との交流を通じて医師としての成長を描き、当時高い評価を得たメディカルドラマである。

放送[編集]
1961年10月2日から1966年3月21日まで、アメリカABCで1話60分、全153話が放送された。日本でも1962年5月4日[3]から1964年9月25日までTBS系列で放送されて、最高テレビ視聴率が50%を超えて大ヒットした海外ドラマである。オープニングの「♂ ♀ * † ∞」(「男、女、誕生、死亡、そして無限」と吹き替え)という、語りながら黒板にチョークで書く場面は有名である。
日本において第1回放送(1962.5.4)は視聴率16.4%だったが重厚な内容が人気を呼び、やがて第5回放送(1962.6.1)で30.9%の上り[4]、その後視聴率は毎週40%前後で推移、第37回放送(1963.1.11)では、50.6%の最高視聴率(ビデオリサーチ・関東地区調べ)を記録している[5]。この数字は2017年現在でも日本で放映された海外ドラマの視聴率ナンバー1である。
引用元:ベン・ケーシー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%BC