生田斗真『秘密THE TOP SECRET』


2016年公開の映画
『秘密 THE TOP SECRET』で
科学警察研究所に務める
主人公・薪剛を演じる俳優は?
生田斗真(答)
岡田将生
向井理
松坂桃李
28%

生田 斗真(いくた とうま、1984年10月7日 – )は、日本の俳優、タレント。
北海道出身(出生地は北海道室蘭市[1])。ジャニーズ事務所所属。フジテレビアナウンサーの生田竜聖は弟[5]。

主な作品
テレビドラマ
『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』
『魔王』
『魔女裁判』
『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』
映画
『人間失格』
『ハナミズキ』
『源氏物語 千年の謎』
『僕等がいた』
『脳男』
『土竜の唄』
引用元:生田斗真 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E7%94%B0%E6%96%97%E7%9C%9F

『秘密 -トップ・シークレット-』(ひみつ トップシークレット)は、清水玲子による日本の漫画作品。近未来の日本を舞台にしたSFサスペンス。
本項では新シリーズとなる『秘密 season0』についても併せて扱う。また、各サブタイトルは、主に発表年に合わせている。『秘密 ―トップ・シークレット―2001』から5年前(2055年)の設定である『秘密 -トップ・シークレット-1999』については、連載の主人公と直接の関連がないため、下方に記す[1]。

概要[編集]
いわゆる「警察もの」を形式を取る警察官を主役としたサスペンス作品だが、事件の被害者や犯人の記憶を見るという設定上、犯人を特定する事と共に、犯人の動機と手口の解明や、事件の展開と顛末に重きが置かれている。ドラマの多くが現場捜査からではなく「第九」施設内から展開されるのも大きな特徴。
舞台設定が2060年代の近未来とされているものの、2010年代時点の技術では実現が困難な「MRI捜査」以外は未来を示唆する描写は少なく、風俗・習慣や地名などは現実に存在するものがほとんどを占める。「第九」が取り扱う事件についても2000年代から2010年代現在の世相や社会問題を背景にした物が多い。

登場人物[編集]
サブタイトルを略記で記す(例:『秘密 ―トップ・シークレット―2001』の場合、『2001』)。
担当声優はドラマCD版 / TVアニメ版の順(「-」は登場しなかったことを示す)。演は実写版の担当俳優。
科学警察研究所 法医第九研究室 捜査員[編集]
薪 剛(まき つよし)
声:谷山紀章 / 関智一 演:生田斗真
法医第九研究室室長。警視正。33歳(2060年時点)[2]。身長163cm。小柄な体格と童顔であり、女性と見紛う美貌の持ち主。実年齢より遥かに若く見られ、未成年と間違えられることも多い[3][4]。アニメ版では極端なほどのタレ目。
「第九」創設期からの唯一のメンバー。第九が扱った凶悪事件の全てに関わり、中には国益に関わる機密も脳に「記憶」されており、多くの「秘密」を抱えるが故に暗殺や誘拐、脅迫といった身辺の危機につきまとわれている。脳の損傷しない死を迎え、他人に自身の脳を見られる事のないよう、防弾チョッキを常時装着している。自身の「死」よりも「秘密」が暴かれる事を極度に恐れる一方で、自分だけが「秘密」を守り通す勝手が許されるのかといった葛藤にも苛まれている。
引用元:秘密 -トップ・シークレット- – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%98%E5%AF%86_-%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88-

解説
「るろうに剣心」シリーズの大友啓史監督が、生田斗真を主演に清水玲子の同名ミステリーコミックを映画化。死者の記憶を映像化し、犯罪捜査を行う科学警察研究所法医第九研究室、通称「第九」。室長・薪剛の指揮により、新人捜査官の青木一行らが、家族惨殺事件で死刑となった男の記憶を映像化した。しかし、男の脳内映像として映し出されたのは、事件以来行方不明となっていた男の娘・絹子が家族に刃物を振り上げる姿だった。天才的頭脳でありながら、心にトラウマを抱える第九の室長 ・薪役を生田が演じ、岡田将生が新人捜査官・青木役で出演。監察医・三好雪子役を栗山千明、映画オリジナルのキャラクターとなる所轄署の刑事・眞鍋駿介役を大森南朋がそれぞれ演じている。
引用元:秘密 THE TOP SECRET : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/81538/