アッバス・「キアロスタミ」


『友だちのうちはどこ?』
『桜桃の味』などの代表作
があるイランの映画監督は
アッバス・◯◯◯◯◯◯?
ソネロェソン
ハリススレド
キルフータム
キアロスタミ(答)
55%

190351tDOdhgkeoK
ジャファール・パナヒ
マジット・マジディ
モフセン・マフマルバフ
アッバス・キアロスタミ
Aイラクの国旗 旧国旗の画像
Bイランの国旗(答)
Cアラブ首長国連邦の国旗 UAE
Dヨルダンの国旗
QgRhVAGiWN
引用元:イランの映画監督と国旗「ジャファール・パナヒ」「マジット・マジディ」「モフセン・マフマルバフ」「アッバス・キアロスタミ」 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/15308/
外務省: 世界の国旗(中東)

アッバス・キアロスタミ (Abbas Kiarostami、1940年6月22日 – 2016年7月4日[1]) は、イランの映画監督、脚本家、写真家。ペルシア語表記はعباس کیارستمی‎で、アッバース・キヤーロスタミーと発音する。イランを代表する巨匠として知られる。

主な作品
『友だちのうちはどこ?』
『オリーブの林をぬけて』
『桜桃の味』
『風が吹くまま』

作風[ソースを編集]
小津安二郎の影響が至る所で顕著にみられる[4][5][6][7][8][9][10]。キアロスタミは自身で小津ファンを公言しており[11]、小津に捧げる映画作品『5 five 〜小津安二郎に捧げる〜(英語版)』も制作している[12]。イラン政府の検閲[13][14][15]と妨害[16]により「子供の話なら可」と許可が出て撮影された作品が『友だちのうちはどこ?』である。1979年のイラン革命により多くの作家が出国を余儀なくされたが、キアロスタミはイランに残り、素人役者を起用してまで人間の心を描き出す独自の作風を確立した[14][17]。
引用元:アッバス・キアロスタミ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%9F

友だちのノートを間違って家に持ち帰ってしまった少年が、ノートを返すため友だちの家を探し歩く姿を描いた、子供についての映画。脚本、編集、監督はアッバス・キアロスタミ。一九八七年のテヘラン映画祭で最優秀監督賞などを授賞し、彼の名はイラン国内で不動のものとなり、八九年のロカルノ国際映画祭で五つの賞を総なめにし、イラン映画の水準の高さを世界に示した。撮影はファルハッド・サバ。素人しか起用しないことで知られるキアロスタミは、この作品でもカスピ海に近い小さな村の子供たちを使っている。主人公の少年にはババク・アハマッドプール、隣の席の少年には、その弟のアハマッド・アハマッドプールが扮している。キネマ旬報ベストテン第八位。
引用元:新規投稿を追加 ‹ わかればいいのに I wish I knew — WordPress http://seethefun.net/wp-admin/post-new.php

解説
人生に絶望し自殺を決意した男が、ひとりの老人に出逢い、世界の美しさを教えられるというシンプルな物語を、繊細かつ大胆な演出で描き出す一編。監督・製作・脚本・編集は「そして人生は続く」「オリーブの林を抜けて」のアッバス・キアロスタミ。撮影はホマユン・パイヴァール。録音はジャハンギール・ミシェカリ。出演はホマユン・エルシャディ、アブドルホセイン・バゲリほか。97年カンヌ映画祭で今村昌平監督の「うなぎ」と共にパルムドールを受賞。98年キネマ旬報ベスト・テン第6位。
引用元:桜桃の味 : 作品情報 – 映画.com http://eiga.com/movie/42925/