ジョルジュ・メリエス 古典SF『月世界旅行』「月の顔にロケット」仏映画監督

042qLdXlgEXkJ
顔が描かれた月にロケットが
突き刺さる場面で有名な
1902年の映画『月世界旅行』の
監督はジョルジュ・◯◯◯◯?
リカーンメ
ダルジスエ
メリエス(答)
「ジョルジュ・メリエス」

マリー=ジョルジュ=ジャン・メリエス(Marie Georges Jean Méliès, 1861年12月8日 – 1938年1月21日)は、フランスの映画製作者で、映画の創成期において様々な技術を開発した人物である。パリ出身。“世界初の職業映画監督”と言われている。SFXの創始者で、多重露光(英語版)や低速度撮影、ディゾルブ、ストップモーションの原始的なものも開発した。また手で色づけしたカラー映画も作っている。撮影を通して現実を操作し変換する能力から、最初の “Cinemagician” とも称される[1]。
>彼の最も有名な作品は1902年の映画『月世界旅行』と1904年の映画『不可能を通る旅(英語版)』である。
引用元: ジョルジュ・メリエス – Wikipedia.

ジョルジュ・メリエス 月世界旅行(1902) リマスターサウンド付き ノーマル・エンディング・バージョン