グレース・「ヴァンダーウォール」『I don’t know my name』


2016年12月にデビューアルバム
がビルボードで9位となった
当時12歳のアメリカの女性歌手は
グレース・◯◯◯◯◯◯◯◯◯?
ウーヴルダーォァン
ヴァンダーウォール(答)
33%

グレース・ヴァンダーウォール(Grace VanderWaal、2004年1月15日 – )は、アメリカの女性シンガーソングライターでウクレレ奏者。2016年、12歳で、NBCテレビのオーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」第11シーズンの優勝を飾った[1]。ニューヨーク州サファーン出身。

アメリカズ・ゴット・タレント[編集]
2016年6月7日、「アメリカズ・ゴット・タレント」第11シーズンの予選に出演したグレースは、自身のオリジナル曲「I don’t know my name」を自身のウクレレ伴奏で歌い、ゴールデンブザーを獲得する。ゴールデンブザーは、審査者が1シーズンで1度きりしか使えないボタンで、一気に準々決勝への進出が決定する。ゴールデンブザーを押したホーウィー・マンデルは、グレースが演奏前に「奇跡は起きるもの」と言ったのになぞらえ「君こそが生ける美しき歩く奇跡だ!」と絶賛。また同じく審査員のサイモン・コーウェルも「君は次のテイラー・スウィフトになる」「100%スター、彼女は特別だ」と称えた[2]。
2016年8月23日の準々決勝では、オリジナル曲「Beautiful Thing」と題した、自身の姉についての歌を歌う。続く8月30日の準決勝では「Light the Sky」、9月13日の決勝で「Clay」を披露し全て審査員の絶賛を受け、視聴者の投票により優勝を飾った。
フィナーレでは予選で歌った「I don’t know my name」を披露。フィナーレにゲスト出演したロックの歌姫スティーヴィー・ニックスは「グレースはトップになる」と称えた[3]。
アメリカズ・ゴット・タレント第1シーズンにて、11歳の若さで優勝したビアンカ・ライアンに次ぐ2人目の女性勝者であり、年齢的にもビアンカ・ライアンに次ぐ12歳という若さでの優勝である[2]。
引用元:グレース・ヴァンダーウォール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AB