「三瀬真美子」細川茂樹の妻


2011年に俳優・細川茂樹と
結婚した、懐かしのアイドル
ユニット・シェイプUPガールズ
の元メンバーは?
今井絵里
三瀬真美子(答)
梶原真弓
中島史恵
31%

三瀬 真美子(みせ まみこ、1969年〈昭和44年〉9月17日 – )は、日本のタレントである。株式会社オスカープロモーション所属。

>1994年(平成6年)4月、第1回「シェイプUPガールズ オーディション」でグランプリを受賞し、女性タレントグループ、『シェイプUPガールズ』のひとりとして芸能界デビューした。
グループ活動休止後は個人で活動をしている。
2011年(平成23年)2月2日、俳優の細川茂樹との結婚を発表した[1]。
引用元:三瀬真美子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%80%AC%E7%9C%9F%E7%BE%8E%E5%AD%90

細川 茂樹(ほそかわ しげき、1971年12月16日 – )は、日本の俳優・タレント・元モデル。過去にはアオイコーポレーション→ウィズ・ケイワン→サムデイ。岐阜県大垣市出身。公立はこだて未来大学特別招聘教授。左利き。

2005年の『仮面ライダー響鬼』で、役者本人・役柄ともに現役最年長(33歳/31歳)主役を演じる。既にキャリアのある細川が若手俳優の登竜門である特撮ヒーロー番組の主役を演じることは、当時話題となった。そのオファーについて、電話で「ライダー来てるんですけどどうしたらいいでしょう」と相談された浜田雅功は大笑いし、「面白そうだからやってみろ」と後押ししたという。また、知り合いの不動産屋にも相談したが、「茂樹君、みんなきみにそんなに興味ないから」と言われた[1]ほか、周囲には「2005年からはおっさんライダーか」と言われた[2]という。細川自身も脚本会議への参加など積極的に関わったが、大河ドラマ『義経』の撮影と並行していたため、スケジュール調整が難しく前半は主役としては登場が少ないものとなった。また、諸事情によりメインスタッフが途中で変更され、内容も路線変更せざるを得なくなり、その件については自身のサイトやライダー関連のイベントでもコメントを多々残している。
2005年は、午前8時から『仮面ライダー響鬼』に出演して午後8時からは『義経』に出演していたため、「日曜8時の男」と呼ばれた。
2010年9月30日に初の書き下ろし小説『それでも僕は結婚したい』を出版。
2011年2月2日、タレントのシェイプUPガールズ三瀬真美子と結婚。
2012年4月1日、公立はこだて未来大学特別招聘教授に就任[3]。
引用元:細川茂樹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E5%B7%9D%E8%8C%82%E6%A8%B9