アルノルト・シェーンベルク『期待』『ペレアスとメリザンド』


オペラ『期待』
オラトリオ『ヤコブの梯子』
交響詩『ペレアスとメリザンド』
『月に憑かれたピエロ』
アルノルト・シェーンベルク(答)
ポール・デュカス
アンブロワーズ・トマ
オリビエ・メシアン
45%


フランスの作曲家
ポール・デュカスの代表作は
交響詩『魔法使いの◯◯』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
でし(答)
『魔法使いの弟子』

アルノルト・シェーンベルク (Arnold Schönberg、1874年9月13日 – 1951年7月13日) は、オーストリアの作曲家・指揮者・教育者。 調性音楽を脱し無調に入り、十二音技法を創始したことで知られる。アメリカに帰化してから1934年以降は、「アメリカの習慣を尊重して」[1]”ö”(o-ウムラウト)を”oe”と表記したSchoenbergという綴り[2]を自ら用いた。アメリカでは「アーノルド・ショーンバーグ[3]」と呼ばれた。

12音音楽の確立[編集]
1910年代後半、シェーンベルクは大作『ヤコブの梯子』に挑むが、第一次世界大戦で召集されたためにその他の多くの作品と共に未完のままに終わった。同じ頃、弟子のベルクは歌劇『ヴォツェック』Op.7を完成する。シェーンベルクらと始めた無調主義による傑作オペラの登場である。無調主義が次第に市民権を持ちはじめると共に、無調という方法に、調性に代わる方法論の確立の必要性を考えるようになっていった。それが12音音楽であった。
12の音を1つずつ使って並べた音列を、半音ずつ変えていって12個の基本音列を得る。次にその反行形(音程関係を上下逆にしたもの)を作り同様に12個の音列を得る。更にそれぞれを逆から読んだ逆行を作り、基本音列の逆行形から12個の音列を、そして反行形の逆行形から12個の音列を得ることで計48個の音列を作り、それを基にメロディーや伴奏を作るのが12音音楽である。一つの音楽に使われる基本となる音列は一つであり、別の音列が混ざることは原則としてない。したがって、この12音音楽は基本となる音列が、調性に代わるものであり、またテーマとなる。そして音列で作っている限り、音楽としての統一性を自然と得られる仕組みとなっている。

歌劇[編集]
期待 op.17(1909)

管弦楽曲[編集]
交響詩「ペレアスとメリザンド」 op.5(1903/1913、1918改訂)

独唱曲[編集]
月に憑かれたピエロ(ピエロ・リュネール) op.21(1912)

合唱曲[編集]
地上の平和 op.13(1907)
グレの歌 (1900-1911)
ヤコブの梯子(1917-1922、未完)
引用元:アルノルト・シェーンベルク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF