『TV60 NHK×日テレ 60番勝負』


2013年2月に、NHKとともに
『60番勝負』と題した
コラボ番組を制作・放送した
民放局は?
日本テレビ(答)
テレビ朝日
フジテレビ
TBS
48%

『60番勝負』(ろくじゅうばんしょうぶ)は、2013年2月2日・3日未明(1日・2日深夜)にNHKと日本テレビが共同制作で生放送したバラエティ番組[2]。
正式タイトルは第1夜が『TV60 NHK×日テレ 60番勝負』、第2夜が『日本テレビ開局60年特別番組 TV60 日テレ×NHK 60番勝負』。

2013年にともにテレビ放送開始60周年を迎えるNHKと日本テレビによる初の共同制作番組で、2013年1月15日に制作発表された[2]。2月1日がNHK総合テレビの本放送開始からちょうど60年にあたることから、翌日(2日)と翌々日(3日)の未明(当日・翌日の深夜)に放送された。第1夜の放送はNHK放送センター101スタジオから、第2夜の放送は日本テレビ汐留本社スタジオから全国ネットで生放送された。
「テレビの未来」をテーマに両局が共同で60の企画に挑戦した。

対決内容
両局が秘蔵VTRを出し合って対決する「60年アーカイブス対決」企画
2日間に渡り、「大物レア映像対決」「ハプニング映像対決」など複数のテーマで対決企画を行った。
NHKの『趣味百科ヨーガ』の放送の場面で特に多い「イィ」を記録している[4]。
両局の若手ディレクターが互いの局の長寿番組の制作現場に参加する「交換留学」企画[1]
日本テレビからは『シューイチ』担当の渡辺春佳を『NHKのど自慢』(2013年1月27日放送・高知県須崎市立市民文化会館からの回)に派遣し、その模様を『はじめてのおつかい』風の演出で放送[6]。
NHKからは津放送局の藤本洋平を『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』(2013年1月12日放送・第89回大会)に派遣し、その模様を『プロフェッショナル 仕事の流儀』風の演出で放送[6]。
引用元:60番勝負 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/60%E7%95%AA%E5%8B%9D%E8%B2%A0