相模悪竜会、東京流星会『不良少女とよばれて』



ドラマ『不良少女とよばれて』で
いとうまい子演じる主人公
笙子が率いる不良グループの
名前は相模悪竜会ですが

松村雄基演じる西村朝雄が
率いる不良グループの名前は
◯◯◯◯会?
竜相星関流
悪京東極模
東京流星(答)
29%
「東京流星会」

不良少女とよばれて(ふりょうしょうじょとよばれて)は、1984年4月17日から9月25日にかけて、TBS系列(ただし北陸放送およびテレビ山口除く)で毎週火曜20:00~20:54に放送された、大映テレビ制作のテレビドラマ。原作は舞楽者である原笙子の自伝的小説。

>曽我笙子(1966年5月3日生):伊藤麻衣子(現:いとうまい子)
相模水分神社の神主・曽我聖一郎と美也子の長女で当時18歳。300人の不良少年少女を引き連れた不良組織「相模悪竜会」会長。両親や弟妹思いの優しい性格で小中学校の成績も優秀だったが「お前なんか生まれてこなければよかった…」という家庭内の金銭問題で苦労していた母のふとした一言で非行に手を染め、相模悪竜会を結成し、様々な悪を繰り返し逮捕歴5回、保護観察処分3回の経歴がある。最後に凶器準備集合容疑で警察に逮捕され、少年審判の結果、中等女子少年院「相模愛育女子学園」に収容される。哲也の一言がきっかけとなり、最後は非行から立ち直る。

>西村朝男:松村雄基
不良組織「東京流星会」会長。相模悪竜会とは敵対関係にあったが会長の笙子に惹かれていく。幼少時代、実母を不慮の事故で亡くし、実父は再婚するが、小学5年の頃、継母が気に入らず登校拒否を続け、家庭内暴力を起こし、実父の所有するライフル銃で実父に大けがを負わせ5年間を教護院で過ごす。更生後はやり手の実業家に変貌した。笙子が出所後には親身になって彼女の力になるなど見守っている。
引用元:不良少女とよばれて – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E8%89%AF%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%81%A8%E3%82%88%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%81%A6

原 笙子(はら しょうこ、1933年3月14日 – 2005年10月7日)は、舞楽家。原笙子はペンネーム。ロシア語の「ハラショー(Xopoшo)」から。

人物[編集]
京都府出身[1]。1957年、日本で唯一の女人舞楽を担う「京都舞楽会」を立ち上げ、男性中心の舞楽界に新風を吹き込んだ。1978年に家出を繰り返した波乱の少女時代などをつづった『不良少女とよばれて』を出版。ベストセラーになりテレビドラマ化された(テレビドラマの内容はかなり脚色され、著書とはかなりの隔たりがあった)。1985年に兵庫県芦屋市において女人舞楽の会「原笙会」を設立。日本はもとより世界各国にて公演活動を行う。
2005年10月7日、急性骨髄性白血病のため死去。享年72。
引用元:原笙子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%AC%99%E5%AD%90