「井上道義」元大フィル首席指揮者


2014年4月に大阪フィル
ハーモニー交響楽団が新設した
ポスト、首席指揮者に
就任した音楽家は誰?
下野竜也
井上道義(答)
尾高忠明
山田和樹
34%

公益社団法人大阪フィルハーモニー交響楽団(おおさかフィルハーモニーこうきょうがくだん、Osaka Philharmonic Orchestra)は、大阪市西成区岸里に本拠地をおく、日本を代表するオーケストラの1つ。日本オーケストラ連盟正会員。

年間10回の定期演奏会のほか、レコーディングも活発に行う。西成区岸里に専用練習場「大阪フィルハーモニー会館」を持ち、長年にわたり「大フィル(だいフィル)」の愛称で親しまれている。公式サイトに掲載されている「プロフィール」によれば、「日本で一番多くレコード、CDを発表しているオーケストラ」。

>2014年4月、井上道義が首席指揮者に、田野倉雅秋が首席コンサートマスターに、それぞれ就任。同年12月、コンサートマスター渡辺美穂が退団。
2016年4月、角田鋼亮が指揮者に就任。
2017年3月、井上道義が首席指揮者を退任、同年4月、尾高忠明がミュージック・アドヴァイザーに就任。
引用元:大阪フィルハーモニー交響楽団 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%83%BC%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%A5%BD%E5%9B%A3

井上 道義(いのうえ みちよし、1946年12月23日[1] – )は、日本の指揮者、ピアニスト。オーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督、ならびに石川県立音楽堂アーティスティック・アドバイザー。2014年4月から2017年3月まで大阪フィルハーモニー交響楽団首席指揮者。妻はホールMUSICASA主宰[2]の黒田珠世[3]。
引用元:井上道義 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E9%81%93%E7%BE%A9

下野 竜也(しもの たつや、1969年12月25日 – )は、日本のクラシック音楽の指揮者。広島交響楽団音楽総監督、京都市交響楽団常任客演指揮者、広島ウインドオーケストラ音楽監督。京都市立芸術大学教授。
引用元:下野竜也 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E9%87%8E%E7%AB%9C%E4%B9%9F

尾高 忠明(おたか[1] ただあき、1947年11月8日 – )は、日本の指揮者。東京芸術大学音楽学部指揮科名誉教授。
引用元:尾高忠明 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E9%AB%98%E5%BF%A0%E6%98%8E

山田 和樹(やまだ かずき、1979年1月26日 – )は、日本の指揮者。神奈川県秦野市生まれ。
引用元:山田和樹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%94%B0%E5%92%8C%E6%A8%B9