Aqua Timez、Base Ball Bear女性有


次の音楽グループのうち
メンバーに女性を含むものを
全て選びなさい
ASIAN KUNG-FU GENERATION
Aqua Timez(答)
Base Ball Bear(答)
アンダーグラフ(答)
GO!GO!7188(答)
マキシマム ザ ホルモン
50%

196GtWCiEn
2012年をもって解散した
『こいのうた』『浮舟』などの
曲で知られるロックバンドは
「GO!GO!◯◯◯◯」?
90842
53671
7188(答)
「GO!GO!7188」
引用元:「GO!GO!7188」 ユウ・アッコ・ターキーらの元ロックバンド ポケベル文字が由来? http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/18348/

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)は、日本の4人組ロックバンド。略称「アジカン」。所属事務所は、Spectrum Management。所属レコード会社はキューンミュージック。

メンバー
後藤正文 (Vo/Gt)
喜多建介 (Gt/Vo/Leader)
山田貴洋 (Ba/Vo)
伊地知潔 (Dr)
引用元:ASIAN KUNG-FU GENERATION – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/ASIAN_KUNG-FU_GENERATION

Aqua Timez(アクア タイムズ)は、2003年に結成した日本の5人組ロックバンド[1][2]。略称は「アクア」など。
メンバー
太志(ボーカル)
大介(ギター)
OKP-STAR(ベース)
mayuko(キーボード・ピアノ)
TASSHI(ドラムス)

概要[編集]
太志(ボーカル)、大介(ギター)、OKP-STAR(ベース)、mayuko(キーボード)、TASSHI(ドラム)からなる5人組バンド。2003年の結成後、10代を中心とする若いリスナーから支持され、2005年にミニアルバム『空いっぱいに奏でる祈り』でインディーズデビュー[3]。収録曲「等身大のラブソング」が注目されインディーズながら80万枚を超えるセールスを記録する[2]。2006年4月、ミニアルバム『「七色の落書き」』でメジャーデビュー[3]。『NHK紅白歌合戦』にも2度出演した[2]。
引用元:Aqua Timez – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Aqua_Timez

Base Ball Bear(ベース ボール ベアー、略称:ベボベ、BBB)は、2001年に結成され、2006年からメジャーにて活動している日本のロックバンド。 所属レコード会社はユニバーサルミュージック、所属事務所はソニー・ミュージックアーティスツ。

メンバー
小出祐介(ボーカル、ギター)
関根史織(ベース、コーラス)
堀之内大介(ドラムス、コーラス)
引用元:Base Ball Bear – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Base_Ball_Bear

アンダーグラフ(UNDER GRAPH)は、日本のロックバンド。
バンド名には「表面的でない心の奥にある喜怒哀楽を形にした音楽を創っていく」という意味が込められている。

メンバー
真戸原直人 (ボーカル、ギター)
中原一真 (ベース、コーラス)
谷口奈穂子(ドラムス、コーラス)
引用元:アンダーグラフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95

GO!GO!7188(ゴーゴーなないちはちはち)は、かつて存在した日本のスリーピースロックバンド。2000年6月28日メジャーデビュー。解散時の所属事務所はブレスト音楽出版・YAMAHA、所属レーベルはビクターエンタテインメントのFlyingStar Records。2010年に移籍する前の所属レーベルはBMG JAPAN(現: アリオラジャパン)所属、さらにその前は東芝EMI(現: EMI Records Japan)のCapitol Music・レーベルに所属。

メンバー
ユウ(ギター、ボーカル)
アッコ(ベース、ボーカル)
ターキー(ドラム)
引用元:GO!GO!7188 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/GO!GO!7188

マキシマム ザ ホルモン(MAXIMUM THE HORMONE)は、1998年に東京都にて結成された日本のロックバンド。

メンバー
マキシマムザ亮君
ダイスケはん
上ちゃん
ナヲ
引用元:マキシマム ザ ホルモン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%A0_%E3%82%B6_%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3