ワワンコーGuaguancó


「ルンバクラーベ」と呼ばれる
リズムの中で踊られる、ルンバの
中でも最もポピュラーな形式の
ダンス音楽は?
ヤンブー
コルンビアー
アティンポー
ワワンコー(答)

ルンバ(Rumba)とはキューバのアフリカ系住民の間から生まれたラテン音楽であり、リズム名でもあり、ダンス名でもある。
また、1930年代にアメリカ経由でキューバのソンが、ルンバ(Rhumba)として紹介され広まった。これはキューバでのルンバとは別物であるが、世界的なルンバ・ブームを経て、社交ダンスやムード音楽など独自の発展を遂げた。

>ルンバにはテンポが早い順にコルンビア、ワワンコ、ヤンブーの3種類がある[1]。
コルンビア(Columbia)
ルンバ・コロンビアとも呼ばれ、3つの中で一番速く、男性主体のダンス音楽である。ジョラオと呼ばれる「泣き節」が入ることがある。
グァグァンコー(Guaguancó)
ワワンコとも発音される、もっとも一般的なルンバ。ミディアムテンポ。恋の駆け引きをテーマにした曲が多く、男女でペアになって踊られ、バクナオと呼ばれる扇動的な振りが入ることがある。20世紀の初め頃に成立した。
ヤンブー(Yambú)
3つの中で一番遅いリズム。前の2つは求愛をモチーフにしているのに対し、ヤンブーは祭りの前に歌われる18世紀中期に成立。
クラベス、パリートス、コンガ等によるパーカッションのリズムに、ヴォーカルが掛け合う構成を取る。 クラーベ(Clave)というラテン音楽の基盤となるリズムの構成を取っており、2-3または3-2のビートからなる。
キューバのルンバは、近年「アフロ・キューバンダンス」として諸外国に理解されつつある。キューバ政府は国営のダンス学校や舞踊団を運営し、ダンスを学ぶための外国人留学生や観光客を受け入れるなど、ダンスと音楽を観光・文化資源として奨励している[2]。しかし、ルンバの舞台が街頭から劇場やスタジオに移るとともに、即興を排してよりコンパクトに洗練された形に定型化していった。ルンバの持つエネルギーは維持しつつも、個人的な愛や社会批判など、下層階級のダンスとしてのアイデンティティは失われつつある[2]。
2016年、キューバのルンバがユネスコの無形文化遺産に登録された[3]。
引用元:ルンバ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%90

ルンバの踊りは3種類
グァグァンコー、コルンビア、ヤンブー

グァグァンコ-(ワワンコー)は、
男性がすきをみて精子を飛ばし
それを女性がハンカチを股間に当てて跳ね返すという
男女の求愛の遊び
コルンビア(コロンビア)は
女性に男性の勇壮さを誇示するセックスアピールの踊り
ヤンブーは、老人の動きをまねるコミカルな踊りです
引用元:www.rumbita.jp/salsa history 3.html http://www.rumbita.jp/salsa%20history%203.html

Guaguancó (Spanish pronunciation: [ɡwaɣwaŋˈko]) is a subgenre of Cuban rumba, combining percussion, voices, and dance. There are two main styles: Havana and Matanzas.

>Dance[edit]
Guaguancó is a couple dance of sexual competition between the male and female. The male periodically attempts to “catch” his partner with a single thrust of his pelvis. This erotic movement is called the vacunao (‘vaccination’ or more specifically ‘injection’), a gesture derived from yuka and makuta, symbolizing sexual penetration.
引用元:Guaguancó – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Guaguanc%C3%B3