『22才の別れ』風


1975年にフォークグループ
「風」がヒットさせた名曲は
『◯◯才の別れ』?
◯を答えなさい
22(答)
54%

「22才の別れ」(にじゅうにさいのわかれ)は、日本のフォークデュオ「風」のデビューシングルである。
1975年2月5日に日本クラウンより発売された。

元々は「かぐや姫」の伊勢正三が1974年のアルバム『三階建の詩』のために書いた2曲のうちの1曲(もう1曲は「なごり雪」)で、シングルカットの要望が出るなど当初から評価は高かったものの[1]、かぐや姫LIVEに収録されるにとどまり、リアルタイムではかぐや姫のシングルとしては発売されなかった。
かぐや姫解散後「風」を結成しデビューシングルとして発売すると、「風」のシングルとしては最大のヒット曲となった。累計売上はミリオンセラーに達した[1]。オリコンチャートでは売上70.8万枚、オリコン年間チャート7位。

>2006年、この曲をモチーフにした純愛映画『22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語』(大林宣彦監督)が制作され、2007年夏に公開された。
引用元:22才の別れ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/22%E6%89%8D%E3%81%AE%E5%88%A5%E3%82%8C

人生の岐路に立った主人公が偶然出会った女の子は、22才の頃、自分が未熟だったために別れた女性の娘だった…。

福岡市の商社に勤める川野俊郎(筧利夫)は、1960年代生まれの44歳。社内には煮え切らない関係を続ける37歳の有美(清水美砂)がいるが、お互いに一歩を踏み出す勇気はない。ある日、ずぶ濡れで駆け込んだコンビニのレジで「22才の別れ」を口ずさむ少女、花鈴(鈴木聖奈)に出逢う。ふとしたことから親しくなった俊郎は、コンビニを辞めた花鈴にいきなり「援交して」と言われ戸惑うが、なにか不思議な縁を感じ、放っておくことができず家に招き入れる。
しかし花鈴の身上を聞いた俊郎は信じられない事実に衝撃を受ける。花鈴はかつて22才の誕生日に別れた恋人、葉子(中村美玲)の実娘だったのだ…。
引用元:22才の別れ : 角川映画 http://www.kadokawa-pictures.jp/official/22sai/