「セーリング」「近代五種」武井壮


次のうち、タレント・武井壮が
「2020年の東京五輪で出場を
目指す」と宣言した競技を
全て選びなさい
ウエイトリフティング
トランポリン
セーリング(答)
近代五種競技(答)
カヌー
37%

武井 壮(たけい そう、1973年5月6日 – )は、日本のタレント、元陸上競技選手。陸上競技・十種競技元日本チャンピオン。タレントとして活動し、「百獣の王」を目指している[2][3][4]。

>東京都葛飾区出身。修徳中学校・高等学校を経て、神戸学院大学法学部に進学。中学・高校では成績がトップで入学金も学費が免除され、奨学金が支給されていた[5]。中学では野球、高校ではボクシングに取り組んでいたが、大学時代に短距離走を始め[6]、神戸学院大学3年時に十種競技へ転向する。中央学院大学にスカウトされ、神戸学院大学卒業後に進学。1997年の第81回日本陸上競技選手権大会十種競技において、競技歴2年半で優勝する[6]。100m走ベスト記録の10秒54は2015年まで、十種競技・100mの日本最高記録だった。
引用元:武井壮 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E4%BA%95%E5%A3%AE

タレントの武井壮(40)が、9日放送のフジテレビ系『笑っていいとも!』(毎週月~金曜 正午)に出演し、「セーリング」と「近代五種競技」で、2020年の東京五輪を本気で目指すことを決めた。

 日本陸上競技選手権の男子十種競技・元チャンピオンでもある武井は、番組冒頭で本気で東京五輪に出場することを宣言。若干しらけ気味の周囲をよそに、「オリンピックや、やってる選手をバカにしているわけではなく、武井壮にはできる可能性があると信じているってこと」と力説。マラソンなどさまざまな競技で可能性があるといい、その中で最終的に「セーリング」と「近代五種」を選んだ。
引用元:武井壮、「セーリング」「近代五種」で東京五輪目指す 「いいとも!」で発表 | ORICON NEWS http://www.oricon.co.jp/news/2028484/full/