誕生日には真白な「百合」を


2013年放送のTVドラマ
『とんび』の主題歌に
起用された福山雅治の曲は
『誕生日には真っ白な“何”を』?
Aバラの画像
Bユリの画像(答)(オニユリ)

『とんび』は、重松清による日本の小説。2003年10月から2004年7月にかけて『中日新聞』と『東京新聞』『北陸中日新聞』(いずれも中日新聞社発行)および『北海道新聞』『西日本新聞』『神戸新聞』などにて連載されていた。
広島県を舞台に、妻を失った父親が息子の反抗期や学校でのトラブル、受験、自立、意外な女性との結婚など様々な困難に直面し、不器用に戸惑い、悩みながらも息子の幸せを第一に考え、周囲の支えを受けながら男手一つで息子を育てた父の半生と親子の絆を描いた作品。
同名でテレビドラマ化され、NHK総合テレビで2012年1月7日(前編)と1月14日(後編)に放送され、TBSでも連続ドラマとして2013年1月13日から3月17日まで放送された。いずれのドラマ化作品もテレビドラマ関連の賞を受賞している。

>主題歌 – 福山雅治「誕生日には真白な百合を」[8](Universal J)
引用元:とんび (小説) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%82%93%E3%81%B3_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)

「誕生日には真白な百合を/Get the groove」(たんじょうびにはましろなゆりを/ゲット・ザ・グルーヴ)は、福山雅治30枚目のシングル[8]。2013年4月10日発売。制作はユニバーサルJ、発売・販売元はユニバーサルミュージック。

誕生日には真白な百合を
(作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:福山雅治、井上鑑)
TBS系日曜劇場『とんび』主題歌。福山の誕生日である2月6日からレコチョクにて着うたフルが先行配信されていた[9]。テーマは“子から親への思い”で、自分の誕生日に毎年母親に花を贈っているというエピソードや亡くなった父親に対する想いを歌った内容になっている[10]。
曲中に南米楽器のサンポーニャが使用されている。
『第64回NHK紅白歌合戦』にパシフィコ横浜 展示ホールから生中継で出場し「2013スペシャルメドレー」と題して「vs.2013 〜知覚と快楽の螺旋〜」とともに披露した[11]。
引用元:誕生日には真白な百合を/Get the groove – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%95%E7%94%9F%E6%97%A5%E3%81%AB%E3%81%AF%E7%9C%9F%E7%99%BD%E3%81%AA%E7%99%BE%E5%90%88%E3%82%92/Get_the_groove

オニユリ(鬼百合・学名Lilium lancifolium)とは、ユリ科ユリ属の植物。

特徴[編集]
草丈は1~2m程となる大型のユリ[1]。葉は互生し、小さめの披針形で先端はゆるく尖る。茎は紫褐色で細かい斑点がある。花季は7月から8月で、花弁はオレンジ色、濃褐色で暗紫色の斑点を生じる[1]。花弁は強く反り返る。種子は作らないが、葉の付け根に暗紫色のムカゴを作る[1]。鱗茎はヤマユリと同様、食用となる。 花言葉は「賢者」「愉快」「華麗」「陽気」など。
引用元:オニユリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%8B%E3%83%A6%E3%83%AA