『特命!刑事どん亀』


警視総監の命令で結成された
警視庁極秘捜査課の活躍を描いた
西田敏行、沢村一樹らが出演した
2006年放映のTVドラマは?
事命!ん特亀刑ど
特命!刑事どん亀
33%

『特命!刑事どん亀』(とくめい!けいじどんがめ)は、2006年4月10日より7月17日まで毎週月曜日20:00 – 20:54[1]に、TBS系列の「ナショナル劇場」(後にパナソニック ドラマシアター→現在の月曜ミステリーシアター)枠で放送されていた日本の刑事ドラマ。主演は西田敏行。
「ナショナル劇場」の50周年記念企画作品。15回連続(一話完結)で放送された。

亀田呑(通称・どん亀、演:西田敏行)は東京の下町にある喫茶店「パンジー」のマスター。しかし、喫茶店のマスターという職業は仮の姿で、本業は「警視庁極秘捜査課」の課長である。「極秘捜査課」は、日々多発する凶悪犯罪に対応するために、警視総監の発案で作られた特別組織で、いかなる捜査方法も許される。「極秘捜査課」は世間にその存在を明かされていない“影の組織”である。「パンジー」の常連客も、実は極秘捜査課の捜査員たち。極秘捜査課の捜査員は、他の警察官とは違い、“赤い警察手帳”と“金の手錠”を身に付けている。
「パンジー」のトイレの入口の奥が極秘捜査課の本部になっている。亀田ら極秘捜査課の刑事たちが犯人を追いつめるために、様々な変装をするのもこのドラマの見どころのひとつ。
ドラマは“現代版・水戸黄門”とも言われる内容で、“正義を愛し、悪を憎む(いわゆる勧善懲悪もの)”痛快アクションドラマである。なお、西田敏行は「翔んでる!平賀源内」以来17年ぶりのナショナル劇場枠のドラマへの主演である。
引用元:特命!刑事どん亀 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E5%91%BD!%E5%88%91%E4%BA%8B%E3%81%A9%E3%82%93%E4%BA%80