江口洋介『世界びっくり旅行社』


2012年3月より、NHKの番組
『世界びっくり旅行社』の
司会を務めている俳優は?
堤真一
江口洋介
阿部寛
唐沢寿明
36%

『世界びっくり旅行社』(せかいびっくりりょこうしゃ)は、2009年5月5日よりNHK総合テレビで年に数回放送された法律番組である。日本国外の国々の法律を取り扱う。
当項では、パイロット版『世界おもしろ法律旅行』(せかいおもしろほうりつりょこう)、レギュラー放送版『びっくり法律旅行社』(びっくりほうりつりょこうしゃ)についても併せて記述する。

>この番組シリーズのコンセプトは、俳優の児玉清が社長・オーナーを務める架空の旅行代理店「児玉トラベル」を舞台に、海外旅行に出かけようとする人を対象に、世界各国の法律やルール・マナーについて解説する、というものである。後述のとおり、海外にも放送されることから現地に滞在または海外旅行で現地を訪問中の日本人にも海外安全情報とともに必見・重要な情報番組ともされる[誰によって?]。
番組は、NHKが関連団体[注 1]を通さず、直接外部の製作プロダクションに製作を委託する方式の番組を募集した企画の一環で、定時放送はこれが初の試みである。フジテレビジョン関連の子会社・フジクリエイティブコーポレーション(FCC)が製作する[注 2]。MCの児玉は、NHKの番組ではこれまでにドラマや衛星放送のドキュメンタリー番組『あの日 昭和20年の記憶』(2005年放送)の数回出演、BS2→BSプレミアムで放送された『週刊ブックレビュー』の番組司会[注 3]はしたことがあるが、NHKの地上波でのMCは初経験であった。

新司会者と番組の終焉[編集]
児玉の一周忌の年となる2012年より、新司会(新オーナー)として江口洋介を迎え、およそ1年ぶりの再開となった[2]。江口のほか、新たな従業員としてオードリーが加入(入社)、黒崎はそのまま主任として続投した。江口は「児玉さんとは違う、僕なりのカラーを出せれば。ある種、自分で体験しながら、映像で発信していきたい」と抱負を語った[3]。

>2014年3月28日をもって番組は終了した(江口トラベルが会社解散)。なお、番組終了は当日放送の番組内にて発表された[注 8]。こうして、約7年に亘る歴史に幕を下ろした。
引用元:世界びっくり旅行社 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%B3%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A%E6%97%85%E8%A1%8C%E7%A4%BE