笑福亭仁鶴「3分間待つのだぞ」


1973年にボンカレーのCMに
出演し、拝一刀に扮して言った
「3分間待つのだぞ」という
セリフが話題になった落語家は?
笑福亭仁鶴(答)
月亭可朝
月亭八方
林家三平
28%


1973年に「じっと我慢の子で
あった」という流行語を生んだ
のは、何という商品のCM?
ボンカレー(答)
引用元:英フォークストンと仏カレー「ユーロトンネル」 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/32908/


2005年2月に、吉本興業の
特別顧問に就任した落語家は
笑福亭◯◯?
○の名前をひらがなで答えなさい
にかく(答)
笑福亭仁鶴

連想
本名は「岡本武士」
大阪ほんわかテレビ
バラエティー生活笑百科
四角い顔でおなじみ
笑福亭仁鶴(答)

3代目笑福亭 仁鶴(しょうふくてい にかく、1937年〈昭和12年〉1月28日 – )は、大阪府大阪市生野区出身[1]の落語家である。
本名、岡本 武士(おかもと たけし)。血液型はO型。所属事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)。上方落語協会会員、吉本興業特別顧問、身長165cm、体重58kg。大阪府豊中市在住。
出囃子は「猩々くずし」または「だんじり」。妻は吉本新喜劇に在籍した永隆子。当たりギャグは「どんなんかな~」。

>1960年代から1970年代にかけては、月亭可朝や桂三枝(現:6代桂文枝)と共に、吉本興業の顔としてテレビ、ラジオ、映画、レコードに多数出演したほか、花月劇場チェーンへの出演と大活躍し、『ヤングおー!おー!』(MBSテレビ)を通じて全国区のタレントとなった。1972年には『NHK紅白歌合戦』にも応援ゲストとして出演している。1973年に放映された「ボンカレー」(大塚食品)のCMで時代劇『子連れ狼』のパロディとして拝一刀に扮したことでも一世を風靡した。
引用元:笑福亭仁鶴 (3代目) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%91%E7%A6%8F%E4%BA%AD%E4%BB%81%E9%B6%B4_(3%E4%BB%A3%E7%9B%AE)